Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その6

[ Category: etc.|掲載日時:2008年07月04日 11時40分]
今回は東京光学機械の「プリモ ジュニア」です。
って、下の写真違うじゃん!と思われた方、掲載ミスというわけではありません。下はプリモ ジュニアの海外輸出版「ソイヤーズ マークⅣ」という機種です。残念ながら現在、どちらも在庫無しです。・・・すみません、どーしても紹介したかったんです。


ストラップは、マップオリジナルレザーストラップ LS-13。それとMボタンの絶妙な組み合せ!! かわいーでしょ!!

 画面サイズは4×4cm判、というわけで使用フィルムは通常の120ブローニー判より1回り小さい127フィルム。ベスト判と呼ばれていたもので、現在量販店での販売はありません。上の写真に写っているのはマコカラー200というEU(クロアチア)製のフィルムで、その他100のモノクロフィルムくらいしか現在手に入りません。120ブローニーを切断して使用する方もいるようですが・・・尊敬します、頑張ってください・・・でもこのマコカラー、いかにもヨーロッパっぽいこってり味のフィルムで、私は結構気に入っています。
 さて、ベスト判の二眼レフというと真っ先に思い浮かべるのがベビーローライですが、戦前のものを除いて巻き上げがノブ式になっていることを考えると、どうしても個人的にはプリモ ジュニアを応援したくなってしまいます。絞りやシャッター速度もセットしやすいし、ファインダーも以前紹介したプリモ フレックス同様、ピント合わせのしやすい明るいものです。赤窓式のフィルム装填は慣れが必要ですが、それさえ克服すれば、ローライフレックスとよく似た所作で撮影を楽しめる、本当によくできた子なんです。こんなカメラを会社の飲み会に携えていったら・・・・・・ もう、このパターンはやめましう、感度200じゃ室内だとブレちゃうし・・・


・・・兄弟・・・・・・やっぱり親子かな、ジュニアだし・・・

 出来上がった写真は、どうしてもまずフィルムの色のりに目がいってしまいますが、ピントの合った部分が力強く浮き上がってくるような独特の写りは、何枚撮っても飽きません。是非是非大手メーカーでまたフィルムを復活させてもらって、気軽に楽しみたいカメラです。
 なおご購入の際は、プリモフレックス同様、レンズにクモリが生じてるものが多いので、ご注意下さい。 ・・・と、珍しく真面目に締めくくって続く・・・  (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2008年07月04日 11時40分]

面白いと思ったらコチラをClick!231票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む