二眼レフは、いかがですか?!  その6 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その6

[ Category:etc.|掲載日時:2008年07月04日 11時40分]

今回は東京光学機械の「プリモ ジュニア」です。
って、下の写真違うじゃん!と思われた方、掲載ミスというわけではありません。下はプリモ ジュニアの海外輸出版「ソイヤーズ マークⅣ」という機種です。残念ながら現在、どちらも在庫無しです。・・・すみません、どーしても紹介したかったんです。


ストラップは、マップオリジナルレザーストラップ LS-13。それとMボタンの絶妙な組み合せ!! かわいーでしょ!!

 画面サイズは4×4cm判、というわけで使用フィルムは通常の120ブローニー判より1回り小さい127フィルム。ベスト判と呼ばれていたもので、現在量販店での販売はありません。上の写真に写っているのはマコカラー200というEU(クロアチア)製のフィルムで、その他100のモノクロフィルムくらいしか現在手に入りません。120ブローニーを切断して使用する方もいるようですが・・・尊敬します、頑張ってください・・・でもこのマコカラー、いかにもヨーロッパっぽいこってり味のフィルムで、私は結構気に入っています。
 さて、ベスト判の二眼レフというと真っ先に思い浮かべるのがベビーローライですが、戦前のものを除いて巻き上げがノブ式になっていることを考えると、どうしても個人的にはプリモ ジュニアを応援したくなってしまいます。絞りやシャッター速度もセットしやすいし、ファインダーも以前紹介したプリモ フレックス同様、ピント合わせのしやすい明るいものです。赤窓式のフィルム装填は慣れが必要ですが、それさえ克服すれば、ローライフレックスとよく似た所作で撮影を楽しめる、本当によくできた子なんです。こんなカメラを会社の飲み会に携えていったら・・・・・・ もう、このパターンはやめましう、感度200じゃ室内だとブレちゃうし・・・


・・・兄弟・・・・・・やっぱり親子かな、ジュニアだし・・・

 出来上がった写真は、どうしてもまずフィルムの色のりに目がいってしまいますが、ピントの合った部分が力強く浮き上がってくるような独特の写りは、何枚撮っても飽きません。是非是非大手メーカーでまたフィルムを復活させてもらって、気軽に楽しみたいカメラです。
 なおご購入の際は、プリモフレックス同様、レンズにクモリが生じてるものが多いので、ご注意下さい。 ・・・と、珍しく真面目に締めくくって続く・・・  (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年07月04日 11時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 8位 OLYMPU...
続きを読む
上田晃司写真展 写真展のご案内 ~ 『上田晃司写真展 " THE CONTRAST "』 2018年12月12日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 上田晃司 写真展 - 『THE CONTRAST 香港灯り物語』 - です。 今回の作品は、全てNikon Z7、Z6、D850で撮影されたものです。 ドラマチックな香港の灯りと、ニコンフルサイズ機の高画質が楽しめます。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Nikon Z6 【Nikon】Z6、アダプターとアポズミクロン75mmのスウィーツ 2018年12月12日
スウィーツ 02 師走になり、寒い日もちらほらある様子のこの頃。 Nikon Z6が発売してから、早くも二週間ほど経ちつつあります。 見やすいEVFや、特化した動画機能などを搭載し、 オールラウンド機種として大変ご好評をいただいております。 そんな中、Zマウントに対応するマウントアダプターも徐々に各社から発売され始めました。 とりわけ、Zマウントは後述する理由で、様々なメーカーのレンズを使用することができます。 今回は、そんなアダプターを介して撮影した写真をお披露目し...
続きを読む
null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]