二眼レフは、いかがですか?!  その9 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その9

[ Category:etc.|掲載日時:2008年08月07日 20時30分]

せっかくの夏休みですが、飛行機代高騰で海外旅行をあきらめた方も多いと思います。 ・・・かく言う私もその一人で(なんて、ハナっから選択肢に入ってませんでしたが・・・)今回は2泊3日で会津・喜多方に(近っ!)行ってまいりました。

 着替え等をバックに詰め、さてカメラは何を持っていこうかしらん・・・ 海外だと空港でのフィルム検査を考えるとデジタルカメラの方が・・・(だから、選択肢にないって・・・ パスポートないし・・・) 本格的な撮影旅行なら、一眼レフに交換レンズ数本とか、格好よくライカに同じくレンズ数本・・・いやいや思い切ってハッセルか・・・ (まぁ、どれも持ってればですけど・・・) ・・・結局、ローライにしました・・・ レンズ交換できるとなると、あれもこれもと欲張って持っていって、でも暑いから取り替えも面倒になって標準1本でなんてのがオチのような気がして・・・それ以前にハッセルじゃ持っていくだけで疲れそうだし(だから、持ってればですけど・・・) ローライならしたくてもレンズ交換できないし・・・ 写真に特に興味のない同行者と一緒の時も、ローライなら首から下げてればフィルム交換も歩きながら出来ますし・・・(これ、結構重要なポイントだったりします) 今回は3.5F。それに近接用のローライナー。 普段は広角用サブカメラとして、リコーGR1も持ってくんですが、かわりに記録用としてコンパクトデジカメを。

 そんなこんなで、いざ出発!


  旅の定番(?) ビールとローライ3.5F・・・ 最近のカメラ雑誌でよく見るカット・・・ でも、怖いからカメラはすぐ下ろしました。ビールもすぐ空けました・・・

 結果として、ローライを携えての旅は快適でした。 正直、もっと広角でとか、もっと望遠で・・・と、撮り逃してしまった場面もありますが、それは縁がなかったなとあきらめ、撮れる被写体を1枚1枚丁寧にじっくり撮りました。 ローライナーも大活躍。 まぁ、旅館の夕食を近接で撮ろうとカメラをあっちゃこっちゃに傾けてたら、同行者にあきれられましたが・・・ (あとで考えたら、デジカメで撮りゃ楽だったのに・・・)


  会津・大内宿にて  喜多方の蔵や大内宿の茅葺屋根の街並みにローライはよく映えました。 ラーメンもおそばも最高! 冷たいビールによく映えました・・・

 どんなに暑くても、都会と違って日陰に入ると風が涼しく感じられますね。 最後に寄った大内宿では、お店の方が「お盆過ぎるともう秋だよ」なんて話してくれました。 今度は、紅葉シーズンに・・・ でも私の場合、やっぱりメインは、温泉とお酒とごはんなんですけど・・・  今日は会津で仕入れた日本酒を冷で・・・ふふふっと続く。  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2008年08月07日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]