二眼レフは、いかがですか?!  その10 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  二眼レフは、いかがですか?!  その10 | THE MAP TIMES
Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その10

[ Category: etc.|掲載日時:2008年08月15日 00時00分]
 今回はアイレス写真機製作所のアイレスオートマットです。


  左が、アイレスオートマット。

 アイレスは輸出用にTOWERというブランド名も使用していました。 中古市場では、むしろそちらの方が多く見受けられるかもしれません。 一番の特徴として、ニッコールレンズの供給を受けていたこと。 ニッコールレンズ付きの中判カメラというと、プラウベルマキナ67・670やゼンザブロニカのC2・S・ECなどのシリーズが有名ですよね。 二眼レフとなると、隠れニッコールとでもいいましょうか・・・
 3群4枚のテッサータイプ75mmF3.5で、とてもシャープな写り。 他の中判ニッコール同様、少し淡い色のりですので、コダックのポートラなどのフィルムと合わせると今風の色合いの作品が出来そうです。
 今回紹介のオートマットは、スタートマークを合わせるセミ・オートマット式ですが、クランク巻き上げなので、スムーズで快適な撮影が楽しめます。 中古市場では6~7万円くらいでしょうか。 マキナ67だとだいたい15万円くらい、670だと20万を超えるお値段。 ブロニカは、まさに金属の固まりで、泣く子がさらに大泣きしそうなでっかいシャッター音。 それを考えると、かなりお買い得感のあるニッコール中判といえるかも。(ニコンの場合、35mm判一眼レフも結構シャッター音が大きいので、もしかしたら一番静かなニッコール??)
 ただし、ご購入時に注意が必要なことが一点。 同じオートマットでも、オリンパス ズイコー75mmF3.5付きや昭和光機というメーカーのコーラル75mmF3.5付きの個体があります。 これは日本光学からのレンズの供給が不十分だったからだそうで(もう、ケチッ!!) まずレンズをよく確かめてからお買い上げください。 ・・・でも、同じ機種に別メーカーのレンズなんて、ローライフレックスのカールツァイス プラナーとシュナイダー クセノタールみたいじゃないですか。
 「やっぱり世界のニッコールでしょう!」とか「いいや、あえてズイコーを使うのがマニアってもんだぜ!!」なんて熱い論争が当時あったのでしょうか・・・ う~ん、なんか両方欲しくなってきた・・・




 さぁ、そんなわけで夏休みお小遣いを使いすぎてマキナは買えないな・・・とか、ブロニカは体力的にちょっと・・・なんていう方、いかがでしょう?! ・・・って、それほとんど自分のことじゃないか! と思いつつ、続く・・・ (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2008年08月15日 00時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!209票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む