二眼レフは、いかがですか?!  その10 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その10

[ Category:etc.|掲載日時:2008年08月15日 00時00分]

 今回はアイレス写真機製作所のアイレスオートマットです。


  左が、アイレスオートマット。

 アイレスは輸出用にTOWERというブランド名も使用していました。 中古市場では、むしろそちらの方が多く見受けられるかもしれません。 一番の特徴として、ニッコールレンズの供給を受けていたこと。 ニッコールレンズ付きの中判カメラというと、プラウベルマキナ67・670やゼンザブロニカのC2・S・ECなどのシリーズが有名ですよね。 二眼レフとなると、隠れニッコールとでもいいましょうか・・・
 3群4枚のテッサータイプ75mmF3.5で、とてもシャープな写り。 他の中判ニッコール同様、少し淡い色のりですので、コダックのポートラなどのフィルムと合わせると今風の色合いの作品が出来そうです。
 今回紹介のオートマットは、スタートマークを合わせるセミ・オートマット式ですが、クランク巻き上げなので、スムーズで快適な撮影が楽しめます。 中古市場では6~7万円くらいでしょうか。 マキナ67だとだいたい15万円くらい、670だと20万を超えるお値段。 ブロニカは、まさに金属の固まりで、泣く子がさらに大泣きしそうなでっかいシャッター音。 それを考えると、かなりお買い得感のあるニッコール中判といえるかも。(ニコンの場合、35mm判一眼レフも結構シャッター音が大きいので、もしかしたら一番静かなニッコール??)
 ただし、ご購入時に注意が必要なことが一点。 同じオートマットでも、オリンパス ズイコー75mmF3.5付きや昭和光機というメーカーのコーラル75mmF3.5付きの個体があります。 これは日本光学からのレンズの供給が不十分だったからだそうで(もう、ケチッ!!) まずレンズをよく確かめてからお買い上げください。 ・・・でも、同じ機種に別メーカーのレンズなんて、ローライフレックスのカールツァイス プラナーとシュナイダー クセノタールみたいじゃないですか。
 「やっぱり世界のニッコールでしょう!」とか「いいや、あえてズイコーを使うのがマニアってもんだぜ!!」なんて熱い論争が当時あったのでしょうか・・・ う~ん、なんか両方欲しくなってきた・・・




 さぁ、そんなわけで夏休みお小遣いを使いすぎてマキナは買えないな・・・とか、ブロニカは体力的にちょっと・・・なんていう方、いかがでしょう?! ・・・って、それほとんど自分のことじゃないか! と思いつつ、続く・・・ (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年08月15日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]