二眼レフは、いかがですか?!  その11 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  二眼レフは、いかがですか?!  その11 | THE MAP TIMES
Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その11

[ Category: etc.|掲載日時:2008年08月28日 19時40分]
museum with Rollei



てなわけで、先日上野の東京国立博物館に「対決-巨匠たちの日本美術」(8/17で終了)を観にいって参りました。 かなりの人出で20分くらい炎天の下入場待ちをし、入ってからも人・人・人… まぁ、お目当てのものはじっくり鑑賞できたので良しとしようと、渡り廊下を歩きながら本館の常設展会場へ。 そこで、バッグの中よりおもむろにローライを取り出して、いざ準備OK…

 そう、ここからが今回の本題。 意外とご存じない方もおられるのですが、美術館や博物館って常設展などに関しては撮影OKのところ結構あるんです。(とはいえ、必ず事前に確認してくださいね。) 作品保護の関係でフラッシュ撮影や三脚の使用は不可ですが、そこはシャッターショックの少ないローライ! 今回の東京国立博物館はとりわけ暗いところで、感度800のカラーネガフィルムで1/30秒F2.8なんて数値でしたが頑張って撮って参りました。

 本当は、本館正面入り口より入ってすぐ右手にある仏像の展示室がお気に入りなんですが、今回は特別に六波羅蜜寺の仏さまたちがいらしていて、撮影不可でした。 そこで二階で展示されていたお地蔵様たちを。


    ローライフレックッス2.8F(プラナー) 1/15秒F2.8
  どうですか、仏さまの優しい輪郭を出すには、やっぱりプラナーかなと…

 ファインダー越しに見る仏さまは、何か違った雰囲気をかもし出しています。 もう気分はプチ土門拳… 息を詰め、静寂の中にある一瞬の表情を見逃さずに、パチリ…… 横では他の来場者たちが、コンパクトデジカメで軽快にパシャ、すぐにモニターで確認。 ブレていたらまた撮り直し… …いいんだ、私はこの仏さまとの出会いを大切にして、もう一枚、少し違う角度から…… …結果として、1/3くらいはブレていたんですが、本人が楽しけりゃね!


    同 1/15秒F4

 美術館での写真というと、エリオット・アーウィット氏の作品集『美術館にいこうよ!』などが有名。 こちらは美術品の撮影というよりも鑑賞者を交えたスナップショットが主ですが、彼らしいユーモアあふれる写真ばかりです。(それにしても西洋の美術館ってなんて明るくて開放的なんでしょう。 うらやましい~)

 私個人的には、近代の日本絵画が好きなので、お勧めの美術館は東京・竹橋の東京国立近代美術館や鎌倉・鶴岡八幡宮の敷地内にある神奈川県立近代美術館などです。 こちらの常設展や所蔵作品展は、いつ行っても結構すいてる(…ごめんなさい!)ので、じっくり美術館の世界に浸れます。 作品だけでなく、建物自体にもいたる所に撮影ポイントがありますしね。 本当は、こういう静かなところで彼女さんと二人、ゆっくり絵を鑑賞しながら、時々そっと真剣なまなざしの彼女の横顔をローライでパチリ… (ってまた始まったなんて言わないで!! 絶対いい絵になるんだから…)

 そんなわけで、これから残暑厳しいようですが、私は芸術の秋に向け、ローライのお手入れを始めます(あくまで、芸術のためにです)ので、続く… (文責・イット)





[ Category: etc.|掲載日時:2008年08月28日 19時40分]

面白いと思ったらコチラをClick!183票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む