二眼レフは、いかがですか?!  その13 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その13

[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]

 庭にシーガルがなりました。


  んなわけないか…

このシリーズの最初に「『二眼レフ=ローライ』…だけじゃない!!」って豪語してたんですが、最近気が付いたらローライの話題ばかりでした。 初心に戻って、今回はシーガル! かなり前の回で、シーガルについて触れました。 その時のおさらいですが、現行のシーガルの機種は、大きく分けて3種類。 上位機種は、クランク巻上げで3群4枚テッサータイプの撮影レンズが付いたもの。 同じくクランク巻上げ3群3枚トリプレットタイプのレンズの付いたものがあり、最廉価版はノブ巻上げ(赤窓式)でトリプレットタイプのもの。 フィルムの巻上げを赤窓を開けて確認するのは高感度フィルムを入れると感光する恐れもあるので、お奨めは先の2タイプ。 付いてるレンズで選択するとよいですね。 二眼レフは初めて、風景やポートレイト、スナップなどオールラウンドに撮りたいという方はテッサータイプのほうが安心かな。 シャープで隅々まで画像が安定しています。 このお値段でこんなに写っちゃっていいの? って感じ。 でも、ちょっと遊びたいなら… トリプレットタイプのレンズが付いたものもいいですよ。 上の写真のカメラは現行ではないのですが、トリプレットレンズ付きです。 今回は、その作例を何枚か。


というわけで、庭にゴーヤーがなりました…


  ゴーヤーのポートレイト。 この後、サラダにしておいしくいただきました。

 なぜにゴーヤー… だって、モデルさんがいなかったんだもん… まぁ、これをかわいい彼女さんだと思ってくださいって、刺されますね… 見て欲しいのは、画面左下あたりや奥のほうの画像の流れ方… 渦を巻いたようになっているのがわかりますか? これがトリプレットタイプのレンズ特有のぼけ方です。 一番上の写真(コンパクトデジカメで撮りました)と同じ場所ですが(つまり、ゴーヤーを刈った後なんですが…)周辺の写り方が全く違います。 うーん、さすがコンデジ …って違う!! この画像の流れをどう感じるかで好みが分かれるところなんですが… 私は個人的にトリプレット好きです… 変?…





 上の写真は、曇りの日に絞りF5.6で、下は晴れた日に絞りF11で撮りました。 天候の違いもあって厳密な比較にはなりませんが、周辺の写り方がかなり違うのは分かっていただけるかと思います。 上の写真、別に風が吹いてるわけではありません。 でもウズウズしてるでしょう… うまく使えば、中心が浮き上がった独特の表現が出来そうですよね。 絞り込めば、流れは消えます。

 ついでなので、通勤途中の新宿の風景。


  これは絞り開放… グルングルンしてます!


  絞るとキッチリカッチリ!


  F8くらいまで絞っていれば、ぼけもかなり自然な感じ…

 シャッター速度が1/300秒までしかないことや、シャッターをチャージしてから速度を変えようとすると壊れる恐れがあるなどの不便な(というか危険な)点や、まぁ何より見た目のチャチさはありますが、自分の撮影意図に合わせてかなり遊べるカメラでもあります。 どうっすか、1台? 貴方もゴーヤー撮りません?!

 今回、下手なの承知で、真面目に作例いっぱい載せました… やれば出来るんだって自分を褒めつつ、冷静になってみると、朝の通勤時間に新宿でネクタイ締めて二眼レフ抱えてる図って… やっぱ変?? …不安になりつつ、続く…  (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

寒い冬はみんなで囲えるものを 【SONY】寒い冬はみんなで囲えるものを 2019年02月23日
年も明けて、もうすぐ3月になってしまいます。 まだまだ寒いですが桜が咲くのが待ち遠しいです。 今回は毎度同じく食べ物シリーズです。 おなかに入れる前の撮影は勝手に期待値があがります。 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5A】 が今回のお供です。 まずは馬刺し。 シーンセレクションの料理を選択して撮影してみました。 そして、鍋料理で一番好きなもつ鍋。 もつがプリプリで、にんにくと出汁のマッチング具合がたまりません…。 どうしてこんなに九州料理っておいしいんでしょう。 ...
続きを読む
トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート 2019年02月22日
2019年2月17日 東京・新宿。マップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の6周年記念イベントとして、世界中の“奇妙なもの”を撮影されている佐藤健寿氏をお招きしたトークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』を開催いたしました。今回はその様子を、写真を交えてレポートいたします。 テレビ番組をはじめとする様々なメディアでご活躍されている佐藤氏。今回のトークイベントでは実際に使用している『Leica M10』と、発売されたばかりの...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 2019年02月22日
日頃よりマップカメラをご愛顧のほど、まことにありがとうございます。 2月20日でライカブティックMapCamera Shinjukuはおかげさまでオープン6周年目を迎えることが出来ました。 今回は【スタッフM】が記事を書かせて頂きます。 さて、この度のテーマである「私のライカライフ」。 皆様はどのような思い出をお持ちでしょうか。 私は実は初めて自分で選んで手に取ったカメラがライカでした。 出会いは今から半年前、暑い夏の休日の事でした。 行く当てもなく自転車にまた...
続きを読む
【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 2019年02月22日
良く晴れた休日。 旧友に誘われOLYMPUSのミラーレスPEN E-PL8をぶら下げ横浜散策へ行ってきました。 横浜に到着したのがお昼過ぎだったので、まず向かったのが中華街。 日曜日という事もあり、たくさんの人で大賑わいでした。 普段食にはあまりこだわりのない僕ですが、旧友に会うのは2年ぶりで募る話もありつつ昼食は少し豪勢に。 昼食後、のんびりしたいなと思い、日本郵船氷川丸のある山下公園へ。 綺麗な花が咲いていてとても癒され...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]