MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その13

[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]

 庭にシーガルがなりました。


  んなわけないか…

このシリーズの最初に「『二眼レフ=ローライ』…だけじゃない!!」って豪語してたんですが、最近気が付いたらローライの話題ばかりでした。 初心に戻って、今回はシーガル! かなり前の回で、シーガルについて触れました。 その時のおさらいですが、現行のシーガルの機種は、大きく分けて3種類。 上位機種は、クランク巻上げで3群4枚テッサータイプの撮影レンズが付いたもの。 同じくクランク巻上げ3群3枚トリプレットタイプのレンズの付いたものがあり、最廉価版はノブ巻上げ(赤窓式)でトリプレットタイプのもの。 フィルムの巻上げを赤窓を開けて確認するのは高感度フィルムを入れると感光する恐れもあるので、お奨めは先の2タイプ。 付いてるレンズで選択するとよいですね。 二眼レフは初めて、風景やポートレイト、スナップなどオールラウンドに撮りたいという方はテッサータイプのほうが安心かな。 シャープで隅々まで画像が安定しています。 このお値段でこんなに写っちゃっていいの? って感じ。 でも、ちょっと遊びたいなら… トリプレットタイプのレンズが付いたものもいいですよ。 上の写真のカメラは現行ではないのですが、トリプレットレンズ付きです。 今回は、その作例を何枚か。


というわけで、庭にゴーヤーがなりました…


  ゴーヤーのポートレイト。 この後、サラダにしておいしくいただきました。

 なぜにゴーヤー… だって、モデルさんがいなかったんだもん… まぁ、これをかわいい彼女さんだと思ってくださいって、刺されますね… 見て欲しいのは、画面左下あたりや奥のほうの画像の流れ方… 渦を巻いたようになっているのがわかりますか? これがトリプレットタイプのレンズ特有のぼけ方です。 一番上の写真(コンパクトデジカメで撮りました)と同じ場所ですが(つまり、ゴーヤーを刈った後なんですが…)周辺の写り方が全く違います。 うーん、さすがコンデジ …って違う!! この画像の流れをどう感じるかで好みが分かれるところなんですが… 私は個人的にトリプレット好きです… 変?…





 上の写真は、曇りの日に絞りF5.6で、下は晴れた日に絞りF11で撮りました。 天候の違いもあって厳密な比較にはなりませんが、周辺の写り方がかなり違うのは分かっていただけるかと思います。 上の写真、別に風が吹いてるわけではありません。 でもウズウズしてるでしょう… うまく使えば、中心が浮き上がった独特の表現が出来そうですよね。 絞り込めば、流れは消えます。

 ついでなので、通勤途中の新宿の風景。


  これは絞り開放… グルングルンしてます!


  絞るとキッチリカッチリ!


  F8くらいまで絞っていれば、ぼけもかなり自然な感じ…

 シャッター速度が1/300秒までしかないことや、シャッターをチャージしてから速度を変えようとすると壊れる恐れがあるなどの不便な(というか危険な)点や、まぁ何より見た目のチャチさはありますが、自分の撮影意図に合わせてかなり遊べるカメラでもあります。 どうっすか、1台? 貴方もゴーヤー撮りません?!

 今回、下手なの承知で、真面目に作例いっぱい載せました… やれば出来るんだって自分を褒めつつ、冷静になってみると、朝の通勤時間に新宿でネクタイ締めて二眼レフ抱えてる図って… やっぱ変?? …不安になりつつ、続く…  (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 【SONY】Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 2018年08月20日
皆様、写真楽しまれていますか? 関東ではやっと酷暑を抜け、過ごしやすい日が少し続きそうです。 今回はPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAにフィーチャーして撮影した写真をお届け出来ればと思います。 α7II + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA ss1/400 F1.4 ISO100 2018年夏現在では松竹梅で言うところの、「松」に相当する本レンズ。 特徴としては全域で平坦性が高く、パープルフリンジなど色滲みの原因となる軸上色収差を比較的高いレベルで補正しているという点でしょうか。絞り開放からキレの良い解像...
続きを読む
【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 2018年08月19日
みなさんこんにちは。 暑い日が続いていますね。 今回は川越にある氷川神社にて撮影してきました。 まず、手水で清めてから撮影を開始。 氷川神社には撮影スポットが沢山あり、 いつのまにか、たくさんのシャッターを切っていました。 お次は今回のお目当てである風鈴回廊の撮影にチャレンジ。 たくさんの風鈴が飾られる「風鈴回廊」。 見た目の美しさだけでなく、風が吹くたびに鳴る風鈴の音も美しいです。 紅葉と風鈴。見ているだけで涼しい気分になれます。 最後...
続きを読む
変わりゆく街の語り部 変わりゆく街の語り部 2018年08月18日
次々と生まれ変わっていく東京の街並み。 そんな中でも長い歴史を持ち、人々に愛されてきた建物というのも意外とあるものです。 ここは日比谷。 かつての江戸城、現在の皇居に隣接し、江戸時代の大名屋敷から明治維新によってホテルや娯楽施設が造られました。 現在は多くの商業ビルが立ち並ぶビジネス街となっています。 今回はそんなビジネスと娯楽が合わさる街日比谷を歩きました。 日比谷には巨大なオフィスビルもたくさんありますが、ユニークな形の商業ビルも多くあります。 直線と曲...
続きを読む
Nikon『ARCREST』使用レポート 【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート 2018年08月17日
ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。 近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。 ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。 まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。  ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0...
続きを読む
【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 2018年08月17日
今日の相棒は“SONY α7III ボディ+FE24-105mm F4 G OSS”です。 発売以来大人気のこのレンズを注文し「入荷しました」連絡を受けて早速撮り初めの撮影散歩に行って来ました。 みなさまもご存じの通り、今年の夏はとにかく暑い! 連日の「体温以上」の予報を見て今日は無事に過ごせるのだろうか?との疑問と、やっと来たレンズを早く試したい!!の一心で少しでも暑さから逃れられる・・であろう信州に進路を決めハンドルを握ります。 東名⇒圏央道⇒中央と順調に流し目的地の清里に到着。クル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]