二眼レフは、いかがですか?!  その13 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その13

[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]

 庭にシーガルがなりました。


  んなわけないか…

このシリーズの最初に「『二眼レフ=ローライ』…だけじゃない!!」って豪語してたんですが、最近気が付いたらローライの話題ばかりでした。 初心に戻って、今回はシーガル! かなり前の回で、シーガルについて触れました。 その時のおさらいですが、現行のシーガルの機種は、大きく分けて3種類。 上位機種は、クランク巻上げで3群4枚テッサータイプの撮影レンズが付いたもの。 同じくクランク巻上げ3群3枚トリプレットタイプのレンズの付いたものがあり、最廉価版はノブ巻上げ(赤窓式)でトリプレットタイプのもの。 フィルムの巻上げを赤窓を開けて確認するのは高感度フィルムを入れると感光する恐れもあるので、お奨めは先の2タイプ。 付いてるレンズで選択するとよいですね。 二眼レフは初めて、風景やポートレイト、スナップなどオールラウンドに撮りたいという方はテッサータイプのほうが安心かな。 シャープで隅々まで画像が安定しています。 このお値段でこんなに写っちゃっていいの? って感じ。 でも、ちょっと遊びたいなら… トリプレットタイプのレンズが付いたものもいいですよ。 上の写真のカメラは現行ではないのですが、トリプレットレンズ付きです。 今回は、その作例を何枚か。


というわけで、庭にゴーヤーがなりました…


  ゴーヤーのポートレイト。 この後、サラダにしておいしくいただきました。

 なぜにゴーヤー… だって、モデルさんがいなかったんだもん… まぁ、これをかわいい彼女さんだと思ってくださいって、刺されますね… 見て欲しいのは、画面左下あたりや奥のほうの画像の流れ方… 渦を巻いたようになっているのがわかりますか? これがトリプレットタイプのレンズ特有のぼけ方です。 一番上の写真(コンパクトデジカメで撮りました)と同じ場所ですが(つまり、ゴーヤーを刈った後なんですが…)周辺の写り方が全く違います。 うーん、さすがコンデジ …って違う!! この画像の流れをどう感じるかで好みが分かれるところなんですが… 私は個人的にトリプレット好きです… 変?…





 上の写真は、曇りの日に絞りF5.6で、下は晴れた日に絞りF11で撮りました。 天候の違いもあって厳密な比較にはなりませんが、周辺の写り方がかなり違うのは分かっていただけるかと思います。 上の写真、別に風が吹いてるわけではありません。 でもウズウズしてるでしょう… うまく使えば、中心が浮き上がった独特の表現が出来そうですよね。 絞り込めば、流れは消えます。

 ついでなので、通勤途中の新宿の風景。


  これは絞り開放… グルングルンしてます!


  絞るとキッチリカッチリ!


  F8くらいまで絞っていれば、ぼけもかなり自然な感じ…

 シャッター速度が1/300秒までしかないことや、シャッターをチャージしてから速度を変えようとすると壊れる恐れがあるなどの不便な(というか危険な)点や、まぁ何より見た目のチャチさはありますが、自分の撮影意図に合わせてかなり遊べるカメラでもあります。 どうっすか、1台? 貴方もゴーヤー撮りません?!

 今回、下手なの承知で、真面目に作例いっぱい載せました… やれば出来るんだって自分を褒めつつ、冷静になってみると、朝の通勤時間に新宿でネクタイ締めて二眼レフ抱えてる図って… やっぱ変?? …不安になりつつ、続く…  (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]