Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その13

[ Category: etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]
 庭にシーガルがなりました。


  んなわけないか…

このシリーズの最初に「『二眼レフ=ローライ』…だけじゃない!!」って豪語してたんですが、最近気が付いたらローライの話題ばかりでした。 初心に戻って、今回はシーガル! かなり前の回で、シーガルについて触れました。 その時のおさらいですが、現行のシーガルの機種は、大きく分けて3種類。 上位機種は、クランク巻上げで3群4枚テッサータイプの撮影レンズが付いたもの。 同じくクランク巻上げ3群3枚トリプレットタイプのレンズの付いたものがあり、最廉価版はノブ巻上げ(赤窓式)でトリプレットタイプのもの。 フィルムの巻上げを赤窓を開けて確認するのは高感度フィルムを入れると感光する恐れもあるので、お奨めは先の2タイプ。 付いてるレンズで選択するとよいですね。 二眼レフは初めて、風景やポートレイト、スナップなどオールラウンドに撮りたいという方はテッサータイプのほうが安心かな。 シャープで隅々まで画像が安定しています。 このお値段でこんなに写っちゃっていいの? って感じ。 でも、ちょっと遊びたいなら… トリプレットタイプのレンズが付いたものもいいですよ。 上の写真のカメラは現行ではないのですが、トリプレットレンズ付きです。 今回は、その作例を何枚か。


というわけで、庭にゴーヤーがなりました…


  ゴーヤーのポートレイト。 この後、サラダにしておいしくいただきました。

 なぜにゴーヤー… だって、モデルさんがいなかったんだもん… まぁ、これをかわいい彼女さんだと思ってくださいって、刺されますね… 見て欲しいのは、画面左下あたりや奥のほうの画像の流れ方… 渦を巻いたようになっているのがわかりますか? これがトリプレットタイプのレンズ特有のぼけ方です。 一番上の写真(コンパクトデジカメで撮りました)と同じ場所ですが(つまり、ゴーヤーを刈った後なんですが…)周辺の写り方が全く違います。 うーん、さすがコンデジ …って違う!! この画像の流れをどう感じるかで好みが分かれるところなんですが… 私は個人的にトリプレット好きです… 変?…





 上の写真は、曇りの日に絞りF5.6で、下は晴れた日に絞りF11で撮りました。 天候の違いもあって厳密な比較にはなりませんが、周辺の写り方がかなり違うのは分かっていただけるかと思います。 上の写真、別に風が吹いてるわけではありません。 でもウズウズしてるでしょう… うまく使えば、中心が浮き上がった独特の表現が出来そうですよね。 絞り込めば、流れは消えます。

 ついでなので、通勤途中の新宿の風景。


  これは絞り開放… グルングルンしてます!


  絞るとキッチリカッチリ!


  F8くらいまで絞っていれば、ぼけもかなり自然な感じ…

 シャッター速度が1/300秒までしかないことや、シャッターをチャージしてから速度を変えようとすると壊れる恐れがあるなどの不便な(というか危険な)点や、まぁ何より見た目のチャチさはありますが、自分の撮影意図に合わせてかなり遊べるカメラでもあります。 どうっすか、1台? 貴方もゴーヤー撮りません?!

 今回、下手なの承知で、真面目に作例いっぱい載せました… やれば出来るんだって自分を褒めつつ、冷静になってみると、朝の通勤時間に新宿でネクタイ締めて二眼レフ抱えてる図って… やっぱ変?? …不安になりつつ、続く…  (文責・イット)



[ Category: etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!249票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む