二眼レフは、いかがですか?!  その17 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その17

[ Category:etc.|掲載日時:2008年12月23日 05時00分]

ローライ持って、初詣の予約を!


  いい写真が撮れますように… ついでに、露出計ちょっと調子悪いの直んないかなぁ…

 突然ですが、忘年会のシーズンです。 年末には忘年会をしないと新しい年が来ないと思われている方も多いようです。 かくいう私もその1人…  で、会社の忘年会に参加しました。 「アサヒカメラ」の12月号に、ライカM3で忘年会を撮るという企画がありましたが、それに対抗してローライで忘年会を撮ろうと持っていきました。 …が、残念、会場がちと暗すぎた… 感度800でもF4で1/15秒以下… ご存知の通り、酔っ払いはじっとしていません、撮る方も撮られる方も… ここは潔く断念し、撮られる方に専念しました。(ピント合わせに夢中になっていると、目の前の料理がなくなってしまう恐れもあったので…) 「ちょっと、そこのデジカメ君、こっち来て○○さんとのツーショット撮ってよ! いい?!」 パシャッ! 「どれ見せて見せて… ダメじゃん、後ろに余計な人が写ってる! もう、カメラ屋なんだから、背景にも気を配んないと! はい、もう1回!」 パシャッ! 「今度はどう? あ、いいじゃん。 これ絶対プリントしてね!」 …便利ですね、人のデジカメって!


 かにバックのローライ(イメージです。)


 突然ですが、もうすぐお正月です。(その前にクリスマスもありますが、個人的にあまり縁のないイベントなので省略します…) お正月と言えば初詣…… でも、当日はめちゃくちゃ混みます。 寒空の下、何時間も行列…
 ここは一つ、天気の良い日に初詣の予約を! というわけで、ローライフレックス2.8F(プラナー)を持って、浅草まで行ってまいりました。(人気商品は、当日行っても手に入らないことが多いです。 事前に予約を入れておかないと…) …でも、行ってみると、平日なのに結構な人ごみ… みんな予約の人?


  年末の浅草は、もう正月の準備が着々と進んでいます。 まぁ、仲見世にクリスマスは似合わないか… 来年の干支、掲げられてます… (ちなみに、今回はスナップ重視ということで、ラチュードの広いネガカラーを使用。 前半は、フジのリアラ100です。)

 仲見世で目を引かれるものの一つ、人形焼きの職人芸!

  と思ったら、なんと肝心の手元にガラスの反射が… ピント合わせの時は気にならなかったので、ビューレンズと撮影レンズの位置の違いが原因か? となると、二眼レフでは避けられない失敗… こんな状況では、角度をずらして複数撮っておいた方が良いかも…


  こちらは、成功。 でも、絞りをもう少し開けた方が、人物が浮き上がったかも… 加減が難しいです。

 まずは、本堂でお参り… と思ったのですが、階段脇に真新しい酒樽がゴロゴロ… ついついパシャパシャ…

  1コ欲しい… 反対側は、「月桂冠」でした…

 「今年も… もとい、来年も… 来年は… 来年こそ、いい年でありますように!!」(100円)

 さて、お参りも済ませ、続いて「おみくじタイム」!
いざ、くじを引くと、なんと百番! 「おぉ… 珍しい!」どれどれ…

  (ローライナー2 使用) どうです、ピントが合ったところから周辺にかけての、このとろけるような描写…… なんてことは、この際どーでもいい!


  これが内容… 全部「わろし」… 1つも良いとこ無い… …こんなすごいの初めて引いた…
 確かに、今年は風邪が長引いたし、「待ち人」どっか行っちゃったし… まぁ、これが「底をうった」状態というやつかな… 大丈夫、ここから徐々に上がっていくんだ… きっとそうだ、うん…

なんとか気を取り直して、浅草寺境内を離れ、街を散策に出ました。
境内を離れると、一気に人の数が減ります。 冬の午後、ふらふら歩き回って、かっぱ橋通りまで来てしまいました。


  お弁当のまさに投げ売り! ひっくり返ってるものありますが、でも、大丈夫! …ちょっと欲しい。


  これは本気で買おうか悩んだ… でも、買ってどうする??

 あれこれとお店をひやかしてから、浅草寺方面に戻りました。


  こちらは本物。 この丸み、なんか惹かれるんですよね… なごみ系? 立体感文句なし、ボケ具合も良好の描写です。


  来年の干支、煮込まれてます… (日も翳ってきました… ここからは、フジのプロ400で。)

 別に、こういうところばかり選んで歩いているわけではないのですが…


  浅草寺近くの商店街… すっごく暗いんです。


  どうです、プラナーの柔らかな描写… って、本当は硬いんですけど…


  最後は、再び浅草寺に… 悩んだけど、おみくじは引きませんでした。 もっかい「凶」だと、立ち直れない… 恐るべし、浅草寺の「百番」!!

 …来年こそ… 続く… (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年12月23日 05時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]