二眼レフは、いかがですか?!  その18 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その18

[ Category:etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]

遅ればせの初詣は、リコーフレックスとともに湯島天神へ!
…だって、「凶」ないんだもん…


 湯島天神といえば、学業お守り! さて、何勉強しよう??

あっという間に年明けから1ケ月経ってしまいました。 何事にもスロースタートな私も、そろそろ動き出そうかなと、まずは初詣に… (その年最初のお参りだから、初詣でいいんですよね?) 去年末、浅草の「大凶?!」おみくじでショックを受けたので、今回ははずれくじ(なんて言い方はバチ当たりか…)のない湯島天神へ… 菅原道真公をお祀りする、学業成就で有名なところです。 学生時代、何度もお世話になりました。 梅の名所でもあります。

お伴のカメラは、リコーフレックス ニューダイヤ。 リコーの二眼レフというと2つのレンズが周りに刻まれたギアでがっちり連動し、レンズ部分のみ繰り出しピント合わせを行うリコーフレックスが有名ですが、こちらはローライフレックス同様の前板全部が繰り出すタイプ。 でも、そのピント合わせの仕方が最大の特徴… 通常あるのは、ローライフレックスのように側面にノブが付いていて、それを回すタイプ。 あるいは、ミノルタ オートコードのように下部にレバーが付いているタイプもありますが、このニューダイヤは前板の左右の脇にレバーが付いていて、ちょうどシーソーのように片方を下げるともう一方が上がる仕組みになっています。 かなり独特なんですが、これだとノブ式のように片手をボディから離すことなく、両手でしっかり抱え込み、右手人差し指はレリーズボタンにかけたまま、両親指の上げ下げだけでピント合わせが可能になります。 微妙な調節も指のちょっとした感覚でOKという、使って納得の機能です。 この方式、なんでその後続かなかったんだろうと不思議に思うくらい、うまいアイディアだと思います。

 撮影レンズの横に飛び出しているのがピントレバー。 これをシーソーのようにギッコンバッタン(勿論、そんな音しませんが…)させる。

 シャッタースピードが1/400秒まで、フィルム巻き上げとシャッターチャージが別、スクリーンがちと暗いなど難点もありますが、このピント合わせ機構だけで持っててうれしくなっちゃいます。

 レンズは、リコナー80mmF3.5という3群3枚構成のトリプレットタイプ… そう、トリプレットです。 論より証拠の1枚。

 前のシーガルと同じように庭の山茶花を絞りF4で1枚。 どうです、周辺部のグルングルン加減!

 前置きはこのくらいにして、1月末の湯島天神です。 JR御徒町駅から徒歩10分ほど。

 真正面から撮りたかったのですが、車の通りが多くて脇から…


 すぐ横には、写欲をそそるレンガ塀… これも絞り開放に近い値ですが、グルングルンとまではいってません。 ピント合焦面をいい感じに浮き上がらせてます。

 境内は正月の名残りか、2月から始まる梅まつりに向けてか、露店が並んでいました。 半分は開いてませんでしたが…


 どこにピントを合わせるかで、興味の矛先が自ずと表れます…


 平日の午後でしたが、客足…もとい、参拝の人が途切れることはありませんでした。 やっぱり目立つのは、学生さん…

 そんな中にまぎれて、私もお参りを…… 「……給料アップ、給料アップ、給料アップ…… (学業の神様だよね…) …日々、是勉強… …しますから、給料アップ……」

 さて、参拝も済ませ、おみくじタイム! …って、お参りより気合い入ってるかも…


 隣も、ちょっと気になる… …ちょっとね…

 まぁ、ここは天下の湯島天神。 受験生のために「凶」は置いてません。 (だから、来たんだもん) ではでは……


 ……う~ん、そう来たか… 簡単にはレベルアップはしないぞと… …まぁ、待ち人はいつか来るらしいけど… (ちなみにニューダイヤのフィルターサイズはバヨネットⅠ。 ローライコードなどと共通なので、近接レンズのローライナーも流用できますが、持ってないので、コンパクトデジカメで。 …って律儀な解説…)

 とりあえず、おみくじ結んどきます。


 どうです、これまたいい感じのボケ具合!!

 自分の用事(?)を済ませ、改めて境内を散策すると、もう至るところで梅が咲いてました。


 やっぱり、湯島といえば梅です。

 それと、鈴なりの絵馬… …って、本当すごい… ここ1か所じゃないです。

 ……私も、はるか昔に書きました。


 自分の絵馬がポトリと落ちたら不吉だなって、結ぶのにも結構気を使うんです。

 あんまり大勢で来ると、なんか恥ずかしくて真面目にお祈りしづらいと思うけど…、大丈夫? とにかく頑張ってね!

 小さな境内なので、散策はこのくらいにして…

 境内脇の梅園には、小さな茶店が… なになに、合格甘酒300円。 ちゃんと奉納してあるそうです。 それと、燗酒、ビールが500円… ふ~ん、でも合格甘酒飲んでるの、お年を召した方たちだけだけど、何に合格するんだろう? まぁ、私も人のこと言えませんが…


 そんなわけで、甘酒とリコーフレックス。 ……ええ、甘酒です。

 ほかほかと暖かくなって、続く… (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

寒い冬はみんなで囲えるものを 【SONY】寒い冬はみんなで囲えるものを 2019年02月23日
年も明けて、もうすぐ3月になってしまいます。 まだまだ寒いですが桜が咲くのが待ち遠しいです。 今回は毎度同じく食べ物シリーズです。 おなかに入れる前の撮影は勝手に期待値があがります。 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5A】 が今回のお供です。 まずは馬刺し。 シーンセレクションの料理を選択して撮影してみました。 そして、鍋料理で一番好きなもつ鍋。 もつがプリプリで、にんにくと出汁のマッチング具合がたまりません…。 どうしてこんなに九州料理っておいしいんでしょう。 ...
続きを読む
トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート トークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』レポート 2019年02月22日
2019年2月17日 東京・新宿。マップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の6周年記念イベントとして、世界中の“奇妙なもの”を撮影されている佐藤健寿氏をお招きしたトークイベント『ライカが捉えた奇界遺産』を開催いたしました。今回はその様子を、写真を交えてレポートいたします。 テレビ番組をはじめとする様々なメディアでご活躍されている佐藤氏。今回のトークイベントでは実際に使用している『Leica M10』と、発売されたばかりの...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 【Leica】私のライカライフ~Beginning~ 2019年02月22日
日頃よりマップカメラをご愛顧のほど、まことにありがとうございます。 2月20日でライカブティックMapCamera Shinjukuはおかげさまでオープン6周年目を迎えることが出来ました。 今回は【スタッフM】が記事を書かせて頂きます。 さて、この度のテーマである「私のライカライフ」。 皆様はどのような思い出をお持ちでしょうか。 私は実は初めて自分で選んで手に取ったカメラがライカでした。 出会いは今から半年前、暑い夏の休日の事でした。 行く当てもなく自転車にまた...
続きを読む
【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 【OLYMPUS】ミラーレスぶら下げ横浜散策 2019年02月22日
良く晴れた休日。 旧友に誘われOLYMPUSのミラーレスPEN E-PL8をぶら下げ横浜散策へ行ってきました。 横浜に到着したのがお昼過ぎだったので、まず向かったのが中華街。 日曜日という事もあり、たくさんの人で大賑わいでした。 普段食にはあまりこだわりのない僕ですが、旧友に会うのは2年ぶりで募る話もありつつ昼食は少し豪勢に。 昼食後、のんびりしたいなと思い、日本郵船氷川丸のある山下公園へ。 綺麗な花が咲いていてとても癒され...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]