二眼レフは、いかがですか?!  その18 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その18

[ Category:etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]

遅ればせの初詣は、リコーフレックスとともに湯島天神へ!
…だって、「凶」ないんだもん…


 湯島天神といえば、学業お守り! さて、何勉強しよう??

あっという間に年明けから1ケ月経ってしまいました。 何事にもスロースタートな私も、そろそろ動き出そうかなと、まずは初詣に… (その年最初のお参りだから、初詣でいいんですよね?) 去年末、浅草の「大凶?!」おみくじでショックを受けたので、今回ははずれくじ(なんて言い方はバチ当たりか…)のない湯島天神へ… 菅原道真公をお祀りする、学業成就で有名なところです。 学生時代、何度もお世話になりました。 梅の名所でもあります。

お伴のカメラは、リコーフレックス ニューダイヤ。 リコーの二眼レフというと2つのレンズが周りに刻まれたギアでがっちり連動し、レンズ部分のみ繰り出しピント合わせを行うリコーフレックスが有名ですが、こちらはローライフレックス同様の前板全部が繰り出すタイプ。 でも、そのピント合わせの仕方が最大の特徴… 通常あるのは、ローライフレックスのように側面にノブが付いていて、それを回すタイプ。 あるいは、ミノルタ オートコードのように下部にレバーが付いているタイプもありますが、このニューダイヤは前板の左右の脇にレバーが付いていて、ちょうどシーソーのように片方を下げるともう一方が上がる仕組みになっています。 かなり独特なんですが、これだとノブ式のように片手をボディから離すことなく、両手でしっかり抱え込み、右手人差し指はレリーズボタンにかけたまま、両親指の上げ下げだけでピント合わせが可能になります。 微妙な調節も指のちょっとした感覚でOKという、使って納得の機能です。 この方式、なんでその後続かなかったんだろうと不思議に思うくらい、うまいアイディアだと思います。

 撮影レンズの横に飛び出しているのがピントレバー。 これをシーソーのようにギッコンバッタン(勿論、そんな音しませんが…)させる。

 シャッタースピードが1/400秒まで、フィルム巻き上げとシャッターチャージが別、スクリーンがちと暗いなど難点もありますが、このピント合わせ機構だけで持っててうれしくなっちゃいます。

 レンズは、リコナー80mmF3.5という3群3枚構成のトリプレットタイプ… そう、トリプレットです。 論より証拠の1枚。

 前のシーガルと同じように庭の山茶花を絞りF4で1枚。 どうです、周辺部のグルングルン加減!

 前置きはこのくらいにして、1月末の湯島天神です。 JR御徒町駅から徒歩10分ほど。

 真正面から撮りたかったのですが、車の通りが多くて脇から…


 すぐ横には、写欲をそそるレンガ塀… これも絞り開放に近い値ですが、グルングルンとまではいってません。 ピント合焦面をいい感じに浮き上がらせてます。

 境内は正月の名残りか、2月から始まる梅まつりに向けてか、露店が並んでいました。 半分は開いてませんでしたが…


 どこにピントを合わせるかで、興味の矛先が自ずと表れます…


 平日の午後でしたが、客足…もとい、参拝の人が途切れることはありませんでした。 やっぱり目立つのは、学生さん…

 そんな中にまぎれて、私もお参りを…… 「……給料アップ、給料アップ、給料アップ…… (学業の神様だよね…) …日々、是勉強… …しますから、給料アップ……」

 さて、参拝も済ませ、おみくじタイム! …って、お参りより気合い入ってるかも…


 隣も、ちょっと気になる… …ちょっとね…

 まぁ、ここは天下の湯島天神。 受験生のために「凶」は置いてません。 (だから、来たんだもん) ではでは……


 ……う~ん、そう来たか… 簡単にはレベルアップはしないぞと… …まぁ、待ち人はいつか来るらしいけど… (ちなみにニューダイヤのフィルターサイズはバヨネットⅠ。 ローライコードなどと共通なので、近接レンズのローライナーも流用できますが、持ってないので、コンパクトデジカメで。 …って律儀な解説…)

 とりあえず、おみくじ結んどきます。


 どうです、これまたいい感じのボケ具合!!

 自分の用事(?)を済ませ、改めて境内を散策すると、もう至るところで梅が咲いてました。


 やっぱり、湯島といえば梅です。

 それと、鈴なりの絵馬… …って、本当すごい… ここ1か所じゃないです。

 ……私も、はるか昔に書きました。


 自分の絵馬がポトリと落ちたら不吉だなって、結ぶのにも結構気を使うんです。

 あんまり大勢で来ると、なんか恥ずかしくて真面目にお祈りしづらいと思うけど…、大丈夫? とにかく頑張ってね!

 小さな境内なので、散策はこのくらいにして…

 境内脇の梅園には、小さな茶店が… なになに、合格甘酒300円。 ちゃんと奉納してあるそうです。 それと、燗酒、ビールが500円… ふ~ん、でも合格甘酒飲んでるの、お年を召した方たちだけだけど、何に合格するんだろう? まぁ、私も人のこと言えませんが…


 そんなわけで、甘酒とリコーフレックス。 ……ええ、甘酒です。

 ほかほかと暖かくなって、続く… (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]