Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その18

[ Category:etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]

遅ればせの初詣は、リコーフレックスとともに湯島天神へ!
…だって、「凶」ないんだもん…


 湯島天神といえば、学業お守り! さて、何勉強しよう??

あっという間に年明けから1ケ月経ってしまいました。 何事にもスロースタートな私も、そろそろ動き出そうかなと、まずは初詣に… (その年最初のお参りだから、初詣でいいんですよね?) 去年末、浅草の「大凶?!」おみくじでショックを受けたので、今回ははずれくじ(なんて言い方はバチ当たりか…)のない湯島天神へ… 菅原道真公をお祀りする、学業成就で有名なところです。 学生時代、何度もお世話になりました。 梅の名所でもあります。

お伴のカメラは、リコーフレックス ニューダイヤ。 リコーの二眼レフというと2つのレンズが周りに刻まれたギアでがっちり連動し、レンズ部分のみ繰り出しピント合わせを行うリコーフレックスが有名ですが、こちらはローライフレックス同様の前板全部が繰り出すタイプ。 でも、そのピント合わせの仕方が最大の特徴… 通常あるのは、ローライフレックスのように側面にノブが付いていて、それを回すタイプ。 あるいは、ミノルタ オートコードのように下部にレバーが付いているタイプもありますが、このニューダイヤは前板の左右の脇にレバーが付いていて、ちょうどシーソーのように片方を下げるともう一方が上がる仕組みになっています。 かなり独特なんですが、これだとノブ式のように片手をボディから離すことなく、両手でしっかり抱え込み、右手人差し指はレリーズボタンにかけたまま、両親指の上げ下げだけでピント合わせが可能になります。 微妙な調節も指のちょっとした感覚でOKという、使って納得の機能です。 この方式、なんでその後続かなかったんだろうと不思議に思うくらい、うまいアイディアだと思います。

 撮影レンズの横に飛び出しているのがピントレバー。 これをシーソーのようにギッコンバッタン(勿論、そんな音しませんが…)させる。

 シャッタースピードが1/400秒まで、フィルム巻き上げとシャッターチャージが別、スクリーンがちと暗いなど難点もありますが、このピント合わせ機構だけで持っててうれしくなっちゃいます。

 レンズは、リコナー80mmF3.5という3群3枚構成のトリプレットタイプ… そう、トリプレットです。 論より証拠の1枚。

 前のシーガルと同じように庭の山茶花を絞りF4で1枚。 どうです、周辺部のグルングルン加減!

 前置きはこのくらいにして、1月末の湯島天神です。 JR御徒町駅から徒歩10分ほど。

 真正面から撮りたかったのですが、車の通りが多くて脇から…


 すぐ横には、写欲をそそるレンガ塀… これも絞り開放に近い値ですが、グルングルンとまではいってません。 ピント合焦面をいい感じに浮き上がらせてます。

 境内は正月の名残りか、2月から始まる梅まつりに向けてか、露店が並んでいました。 半分は開いてませんでしたが…


 どこにピントを合わせるかで、興味の矛先が自ずと表れます…


 平日の午後でしたが、客足…もとい、参拝の人が途切れることはありませんでした。 やっぱり目立つのは、学生さん…

 そんな中にまぎれて、私もお参りを…… 「……給料アップ、給料アップ、給料アップ…… (学業の神様だよね…) …日々、是勉強… …しますから、給料アップ……」

 さて、参拝も済ませ、おみくじタイム! …って、お参りより気合い入ってるかも…


 隣も、ちょっと気になる… …ちょっとね…

 まぁ、ここは天下の湯島天神。 受験生のために「凶」は置いてません。 (だから、来たんだもん) ではでは……


 ……う~ん、そう来たか… 簡単にはレベルアップはしないぞと… …まぁ、待ち人はいつか来るらしいけど… (ちなみにニューダイヤのフィルターサイズはバヨネットⅠ。 ローライコードなどと共通なので、近接レンズのローライナーも流用できますが、持ってないので、コンパクトデジカメで。 …って律儀な解説…)

 とりあえず、おみくじ結んどきます。


 どうです、これまたいい感じのボケ具合!!

 自分の用事(?)を済ませ、改めて境内を散策すると、もう至るところで梅が咲いてました。


 やっぱり、湯島といえば梅です。

 それと、鈴なりの絵馬… …って、本当すごい… ここ1か所じゃないです。

 ……私も、はるか昔に書きました。


 自分の絵馬がポトリと落ちたら不吉だなって、結ぶのにも結構気を使うんです。

 あんまり大勢で来ると、なんか恥ずかしくて真面目にお祈りしづらいと思うけど…、大丈夫? とにかく頑張ってね!

 小さな境内なので、散策はこのくらいにして…

 境内脇の梅園には、小さな茶店が… なになに、合格甘酒300円。 ちゃんと奉納してあるそうです。 それと、燗酒、ビールが500円… ふ~ん、でも合格甘酒飲んでるの、お年を召した方たちだけだけど、何に合格するんだろう? まぁ、私も人のこと言えませんが…


 そんなわけで、甘酒とリコーフレックス。 ……ええ、甘酒です。

 ほかほかと暖かくなって、続く… (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]