Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その18

[ Category: etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]
遅ればせの初詣は、リコーフレックスとともに湯島天神へ!
…だって、「凶」ないんだもん…


 湯島天神といえば、学業お守り! さて、何勉強しよう??

あっという間に年明けから1ケ月経ってしまいました。 何事にもスロースタートな私も、そろそろ動き出そうかなと、まずは初詣に… (その年最初のお参りだから、初詣でいいんですよね?) 去年末、浅草の「大凶?!」おみくじでショックを受けたので、今回ははずれくじ(なんて言い方はバチ当たりか…)のない湯島天神へ… 菅原道真公をお祀りする、学業成就で有名なところです。 学生時代、何度もお世話になりました。 梅の名所でもあります。

お伴のカメラは、リコーフレックス ニューダイヤ。 リコーの二眼レフというと2つのレンズが周りに刻まれたギアでがっちり連動し、レンズ部分のみ繰り出しピント合わせを行うリコーフレックスが有名ですが、こちらはローライフレックス同様の前板全部が繰り出すタイプ。 でも、そのピント合わせの仕方が最大の特徴… 通常あるのは、ローライフレックスのように側面にノブが付いていて、それを回すタイプ。 あるいは、ミノルタ オートコードのように下部にレバーが付いているタイプもありますが、このニューダイヤは前板の左右の脇にレバーが付いていて、ちょうどシーソーのように片方を下げるともう一方が上がる仕組みになっています。 かなり独特なんですが、これだとノブ式のように片手をボディから離すことなく、両手でしっかり抱え込み、右手人差し指はレリーズボタンにかけたまま、両親指の上げ下げだけでピント合わせが可能になります。 微妙な調節も指のちょっとした感覚でOKという、使って納得の機能です。 この方式、なんでその後続かなかったんだろうと不思議に思うくらい、うまいアイディアだと思います。

 撮影レンズの横に飛び出しているのがピントレバー。 これをシーソーのようにギッコンバッタン(勿論、そんな音しませんが…)させる。

 シャッタースピードが1/400秒まで、フィルム巻き上げとシャッターチャージが別、スクリーンがちと暗いなど難点もありますが、このピント合わせ機構だけで持っててうれしくなっちゃいます。

 レンズは、リコナー80mmF3.5という3群3枚構成のトリプレットタイプ… そう、トリプレットです。 論より証拠の1枚。

 前のシーガルと同じように庭の山茶花を絞りF4で1枚。 どうです、周辺部のグルングルン加減!

 前置きはこのくらいにして、1月末の湯島天神です。 JR御徒町駅から徒歩10分ほど。

 真正面から撮りたかったのですが、車の通りが多くて脇から…


 すぐ横には、写欲をそそるレンガ塀… これも絞り開放に近い値ですが、グルングルンとまではいってません。 ピント合焦面をいい感じに浮き上がらせてます。

 境内は正月の名残りか、2月から始まる梅まつりに向けてか、露店が並んでいました。 半分は開いてませんでしたが…


 どこにピントを合わせるかで、興味の矛先が自ずと表れます…


 平日の午後でしたが、客足…もとい、参拝の人が途切れることはありませんでした。 やっぱり目立つのは、学生さん…

 そんな中にまぎれて、私もお参りを…… 「……給料アップ、給料アップ、給料アップ…… (学業の神様だよね…) …日々、是勉強… …しますから、給料アップ……」

 さて、参拝も済ませ、おみくじタイム! …って、お参りより気合い入ってるかも…


 隣も、ちょっと気になる… …ちょっとね…

 まぁ、ここは天下の湯島天神。 受験生のために「凶」は置いてません。 (だから、来たんだもん) ではでは……


 ……う~ん、そう来たか… 簡単にはレベルアップはしないぞと… …まぁ、待ち人はいつか来るらしいけど… (ちなみにニューダイヤのフィルターサイズはバヨネットⅠ。 ローライコードなどと共通なので、近接レンズのローライナーも流用できますが、持ってないので、コンパクトデジカメで。 …って律儀な解説…)

 とりあえず、おみくじ結んどきます。


 どうです、これまたいい感じのボケ具合!!

 自分の用事(?)を済ませ、改めて境内を散策すると、もう至るところで梅が咲いてました。


 やっぱり、湯島といえば梅です。

 それと、鈴なりの絵馬… …って、本当すごい… ここ1か所じゃないです。

 ……私も、はるか昔に書きました。


 自分の絵馬がポトリと落ちたら不吉だなって、結ぶのにも結構気を使うんです。

 あんまり大勢で来ると、なんか恥ずかしくて真面目にお祈りしづらいと思うけど…、大丈夫? とにかく頑張ってね!

 小さな境内なので、散策はこのくらいにして…

 境内脇の梅園には、小さな茶店が… なになに、合格甘酒300円。 ちゃんと奉納してあるそうです。 それと、燗酒、ビールが500円… ふ~ん、でも合格甘酒飲んでるの、お年を召した方たちだけだけど、何に合格するんだろう? まぁ、私も人のこと言えませんが…


 そんなわけで、甘酒とリコーフレックス。 ……ええ、甘酒です。

 ほかほかと暖かくなって、続く… (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2009年02月14日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!292票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む