二眼レフは、いかがですか?!  その20 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その20

[ Category:etc.|掲載日時:2009年05月06日 09時00分]

GW真っ只中! …今頃、桜の話なんてだめですか? のローライとリコーフレックス…
 え~、北海道は今が見頃だそうで…… だめ? でも、せっかく撮ったんだし… 


 というわけで、まずはローライフレックス2.8F(プラナー)をぶら下げ、自宅から電車で数駅の所にある穴場スポットへ… 京浜急行の鮫洲駅(マイナーな所ですみません… 東京は大田区にあります)で降りて、目の前の丘を上ると大井公園という小さな公園があります。 丘の斜面から公園の敷地内にかけて立派なソメイヨシノが何本か植わっていて、満開時にはなかなかの景観になります。 なによりいいのが、ちょうど見頃の時期でもなぜか人の少ないこと。 うららかな春の昼下がり、本当にのんびりできます。


  (フジ・プロビア100F)こんな感じの坂道を上っていくと…

  (プロビア100F)隣が小学校なんです。 中には入れませんが、校庭にもたくさんの桜が… とってもうらやましい環境です。

  (プロビア100F)どうです、こんな滑り台… 思わず滑ってみたくなりますよね…

  (プロビア100F)…で、滑っていました。 おめかししているところをみると、幼稚園の入園式帰りでしょうか…

 平日の昼間とはいえ、いるのは小さな子ども連れが2組だけ… 撮影はほどほどに、少し離れたベンチに座り、さて…


  ふふふふふ… 桜といったら、やっぱりねぇ… 静かで趣ある場所なので、ちょっと奮発しました…


  (プロビア100F)見上げれば、桜吹雪の合間から青い空… う~ん…酔っちゃう…

 優雅に読書なぞ楽しんでいる私の足元で、さっきから2羽のハトがとっても仲良さそうにしている…


  (プロビア100F)やけにイチャイチャと……

  (プロビア100F)ハトごときに腹が立つのはなぜだろう……

 こちらに近づいてきた1羽に妙に親近感を覚え、おつまみにしていたスナック菓子を砕いて分けてあげることに… あ、さっきの2羽まで来ちゃった… だめ、君らにはやんない… …って、あれ、うんと離れた所にいたのまで来た… げっ、上からも降りてきた…


 ……囲まれた…

 
 ……きゃーー  違う、それは食べ物じゃないから! ダメ、つつかないで!! 


  (プロビア100F)…わ、わっ、猫まで来た… ほら、こっち夢中になってると、君らが餌になっちゃうから!!

 早々にベンチから退散… ま、1本空けたからいいけど… いい気分で撮影再開。


  (コダック・E100G)いいよね、桜の下のブランコ…

 そんなこんなしているうちに隣の小学校が下校時間になったようです。


  (コダック・100G)ブランコの子は、別の学校なのかな…

 さて、この公園もそろそろ賑やかになりそうなので、囲まれないうちに退散しましょう…


 数日後、リコーフレックス ニューダイヤを下げて定番の新宿御苑に。 ソメイヨシノは終わり、八重桜などが見頃でした。
 ツツジも部分的に満開で、桜とツツジの組み合わせを撮ろうとファインダーを覗いていると、後ろでシートを広げてくつろいでいたご年配の集団の会話… 「いやぁ、医者から前立腺が肥大してるって言われちゃってさぁ…」 …ツツジの上にうまく桜がくるようにっと、よし、こんな感じかな? 「若い頃は、勢いよく出てたのが、今じゃチョロチョロだもんねぇ!」 …ええっと、絞りは… 「本当、シャーシャー出てたのがさぁ…」 …だぁ! 同じ年代の人が集うとつい健康の話で盛り上がるのは分かりますが、もうちょっと場を考えて!!

  
  (プロビア100F)
  
 気を取り直して、桜を満喫!


  (プロビア100F)少し離れた所から。 線も細くてシャープです。

  (プロビア100F)近づいて、絞りも開け気味にすると、途端にトリプレット! まるで嵐の中のよう!!

  (プロビア400X)同じようなアップでも、少し絞ると流れなくなります。

 3枚玉(トリプレットレンズ)やっぱり楽しい!! 使い慣れてくると効果が予測できて、作画にも活かせてきます……たぶん… 


 以上、遅ればせの花見レポートでした。 私のようにぐーたらな性格の持ち主には、季節ものはとってもつらいことが判明しました。 次回は、アジサイの頃、フジのお話でも…
いやぁ、それにしても最近ヒザが痛くってさぁ… まったく、若い頃は…



 続く…  (文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:2009年05月06日 09時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]