Select Language

【トル・アソブ】トイカメラ的な MamiyaU マミヤユー で撮る

[ Category: etc.|掲載日時:2012年10月27日 14時30分]

マミヤUという名前の、
トイカメラのような面白いコンパクトカメラをご紹介します♪


不思議なカメラを手に入れて、どんなカメラだろうかと調べて使ってみました。

マミヤUは1981年7月に発売されました。
81年の発売当時、ストロボ内蔵35mmカメラとして最小・最軽量だったようです。

ボディー上のレバーをスライドさせるとカバーが開閉します。
カバーを閉じると同時にスイッチも切れます。




ピント合わせは丸いレンズの周りにあるレバーを動かします。
このカメラの変わっているところは、ピント合わせの方法が2通りあるところ。
初心者向けに4個のゾーンフォーカスマーク、
きちんと設定したい人向けに距離目盛りがあります。
ゾーンフォーカスマークの場合1人、2人、3人、山のマークが
それぞれ1メートル、2メートル、3メートル、無限遠になります。

露出はプログラムで、EE連動範囲はEV6~17です。
絞りはF2.8~F16、シャッタースピードは1/8秒~1/500秒から
自動で設定されます。

シャッターボタンは電磁レリーズでとても軽いタッチです。
シャッターには黄色い粘土のような素材が付いていましたが
取れて無くなってしまっているものが多いようです。

露出不足により1/30秒以下のスローシャッターになると、
ファインダー内の赤LEDランプと電子音で警告してくれます。
ボディー前面のフラッシュスイッチを上に押してストロボ撮影が出来ます。

巻き戻しクランクはボディー底面にあります。



レンズはマミヤセコール35mmF3.5、4群5枚構成です。
当時のコンパクトカメラでは3群4枚構成が一般的で贅沢な仕様です。

ボディーカラーは標準のブラックと、1200円高いシルバーの2色展開で
別売で「ファンシーケース」という商品も販売されていたようです。
色はグレーとイエロー、縦型・横型の2タイプ。
さらにレッドとブラックのセームレザーケースも出ていたようです。

珍品につき、正確な情報がわからないのですが
「おくのてくん」という名称のマミヤU専用のカメラホルダーまで存在するようです。


さっそくフィルムを入れて撮影してみました。
null

null

null

元箱にはとても可愛らしい白猫の写真。
ですがカメラは近未来的で格好いいデザイン、
良いレンズが付いているという不思議なカメラです。


【仕様】
カメラ形式:35ミリケースレスストロボ内蔵ゾーンフォーカスカメラ
レンズ:マミヤセコール35ミリF2.8 (4群5枚)
シャッター:プログラム式電子制御1/8~1/500秒 電子セルフタイマー付 電磁レリーズ
ファインダー:アルバダブライトフレーム式 倍率0.55 手ブレ警告ランプ表示
焦点調節:目測・4点ゾーンフォーカス(距離目盛併用)1メートル~∞
露出計:SRD使用によるプログラムEE EE連動範囲ISO100でEV6~17 フィルム感度ISO25~400 電源R03型電池2本使用
フィルム送り:背面ギヤ式
大きさ・重さ:115×66×45ミリ 220グラム(電池別)
標準価格:ブラック33,800円(リストストラップ付き) シルバー35,000円
ファンシーケース1,500円 セームレザーケース2,500円
発売期日:1981年7月


[ Category: etc.|掲載日時:2012年10月27日 14時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!154票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む