【トル・アソブ】トイカメラ的な MamiyaU マミヤユー で撮る | THE MAP TIMES 
Select Language



【トル・アソブ】トイカメラ的な MamiyaU マミヤユー で撮る

[ Category:etc.|掲載日時:2012年10月27日 14時30分]


マミヤUという名前の、
トイカメラのような面白いコンパクトカメラをご紹介します♪


不思議なカメラを手に入れて、どんなカメラだろうかと調べて使ってみました。

マミヤUは1981年7月に発売されました。
81年の発売当時、ストロボ内蔵35mmカメラとして最小・最軽量だったようです。

ボディー上のレバーをスライドさせるとカバーが開閉します。
カバーを閉じると同時にスイッチも切れます。




ピント合わせは丸いレンズの周りにあるレバーを動かします。
このカメラの変わっているところは、ピント合わせの方法が2通りあるところ。
初心者向けに4個のゾーンフォーカスマーク、
きちんと設定したい人向けに距離目盛りがあります。
ゾーンフォーカスマークの場合1人、2人、3人、山のマークが
それぞれ1メートル、2メートル、3メートル、無限遠になります。

露出はプログラムで、EE連動範囲はEV6~17です。
絞りはF2.8~F16、シャッタースピードは1/8秒~1/500秒から
自動で設定されます。

シャッターボタンは電磁レリーズでとても軽いタッチです。
シャッターには黄色い粘土のような素材が付いていましたが
取れて無くなってしまっているものが多いようです。

露出不足により1/30秒以下のスローシャッターになると、
ファインダー内の赤LEDランプと電子音で警告してくれます。
ボディー前面のフラッシュスイッチを上に押してストロボ撮影が出来ます。

巻き戻しクランクはボディー底面にあります。



レンズはマミヤセコール35mmF3.5、4群5枚構成です。
当時のコンパクトカメラでは3群4枚構成が一般的で贅沢な仕様です。

ボディーカラーは標準のブラックと、1200円高いシルバーの2色展開で
別売で「ファンシーケース」という商品も販売されていたようです。
色はグレーとイエロー、縦型・横型の2タイプ。
さらにレッドとブラックのセームレザーケースも出ていたようです。

珍品につき、正確な情報がわからないのですが
「おくのてくん」という名称のマミヤU専用のカメラホルダーまで存在するようです。


さっそくフィルムを入れて撮影してみました。
null

null

null

元箱にはとても可愛らしい白猫の写真。
ですがカメラは近未来的で格好いいデザイン、
良いレンズが付いているという不思議なカメラです。


【仕様】
カメラ形式:35ミリケースレスストロボ内蔵ゾーンフォーカスカメラ
レンズ:マミヤセコール35ミリF2.8 (4群5枚)
シャッター:プログラム式電子制御1/8~1/500秒 電子セルフタイマー付 電磁レリーズ
ファインダー:アルバダブライトフレーム式 倍率0.55 手ブレ警告ランプ表示
焦点調節:目測・4点ゾーンフォーカス(距離目盛併用)1メートル~∞
露出計:SRD使用によるプログラムEE EE連動範囲ISO100でEV6~17 フィルム感度ISO25~400 電源R03型電池2本使用
フィルム送り:背面ギヤ式
大きさ・重さ:115×66×45ミリ 220グラム(電池別)
標準価格:ブラック33,800円(リストストラップ付き) シルバー35,000円
ファンシーケース1,500円 セームレザーケース2,500円
発売期日:1981年7月


[ Category:etc.|掲載日時:2012年10月27日 14時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む
【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 【増税前にデビュー】S1レンズキットで撮る 2019年09月12日
さて今回は、Panasonic DC-S1M レンズキットのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. で撮影した写真をご紹介いたします。 折角の機会だったのですが雨降りの一日。 というわけで雨の日のしとしと室内撮りです。 DC-S1はDC-S1Rと比べ画素数を抑え、動画も撮れるハイブリッド型ということになっていますが、 写真機として十分な画質を誇ります。 赤と緑のコントラストが印象的だった椅子を一枚。 椅子の革の皺もきめ細かく描写しています。 雨の日の室内というのは光が柔く、 射す、と...
続きを読む
とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]