StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【このレンズが気になる】 Leica エルマリート M28mm F2.8 3rd

【このレンズが気になる】 Leica エルマリート M28mm F2.8 3rd

Leica (ライカ) エルマリート M28mm F2.8 (E49) 3rd

1979年の登場から90年代初頭まで生産された息の長いレンズで、
いわゆる「ニュージェネレーション」と呼ばれているレンズです。

エルマリート28mmの変遷はとても激しく、
初代の後玉が出っ張った「レトロフォーカスタイプ」から始まり、
現行はフードねじ込みの非球面タイプとなっています。
いずれも小型、軽量は変わらずに進化を続けてきました。

この3世代目のエルマリートも225gととても軽く、
ストレートな鏡胴でとてもシンプルな印象です。
専用のレンズフードもプラスティック製で鏡胴先端のピンにフードの溝を合わせ、ロックするタイプのもの。
スナップ撮影を目的としているためか、レンズの明るさや描写性能といったスペックに特筆するところがなく、
ライカレンズ群の中では地味な印象は正直、否めないところ。
しかし、登場した40年前と大きく違い、カメラボディがデジタルになり、
アダプターによってさまざまなメーカーのカメラで使用される環境です。

アダプターを使った近接撮影も今では当たり前に出来るようになりました。
「このレンズでなければ」とか「どんな写りをするのだろう」
という好奇心は写真を撮るうえで大きなモチベーションになるのですが、
そういうことから解放されて撮影ができそうなレンズです。

とはいえ、やはりライカ。気軽に買える値段ではないのですが。
これからも渋い発色の写りを期待しつつ、破綻のない描写を楽しみたいと思います。

【使用機材】
SONY (ソニー) α7II ボディ
Voigtlander (フォクトレンダー) マウントアダプター ライカMレンズ/ソニーEボディ用 ヘリコイド付 (VM-E クローズフォーカスアダプター)

 

[ Category:Leica SONY | 掲載日時:20年08月26日 11時00分 ]
4+

RECOMMEND

PAGE TOP