【カメラ初心者 招き猫#4】アクセサリーを綺麗に撮るコツ【Panasonic】

【カメラ初心者 招き猫#4】アクセサリーを綺麗に撮るコツ【Panasonic】

家の中で撮影する機会が増えた今日この頃。

そんなときに役立つ、撮影のコツをご紹介するシリーズの第4回です。

今回はアクセサリーを綺麗に撮ってみようと思います。

 

はじめに撮りたい雰囲気をイメージしましょう。

よくわからないけど、とりあえずおしゃれに!という方には、主役が際立つシンプルな背景をおすすめします。

 

まずは定番の真上アングル。

イヤリングの形状がよくわかり、美しいです。

 

撮り方は簡単。

手近にあった布を敷いて手でシワを伸ばし、その上に揺れるイヤリングをバランスよく整えてから撮ります。

すぐに撮りたい気持ちはわかりますが、整っていないとあとで後悔することになりますので、準備は大事です。

布はなんでもいいですが、シワはない方がよいです。

シワがあると一気に生活感のある写真になってしまいます。

さっと伸ばすだけでも見栄えが変わりますので、気を遣ってみましょう。

 

次は斜め上からのアングルです。

イヤリングはぶら下げるものですから、脇役の小道具を使い、垂らすような置き方をしてみました。

高さが出て写真にも立体感が出ました。

形状もわかりやすいです。

 

ポイント①

被写体の形状がわかるように撮るとGOOD!

 

 

赤い布を使ったのは、単純に手近にあったから。

最初はそれで十分です。

でも少し探せば他にも背景を用意できそうです。

背景によって印象が大きく異なるため、背景はとても大事です!

 

目に入ったクリーニングクロス(カメラを拭く布)の上に、別のイヤリングを置いてみます。

今回使用したカメラにはフィルター機能があったので、「花をふんわり撮る」というフィルターを選択。

すると、布の薄いブルーと相まって、やわらかい雰囲気の写真を撮ることができました。

 

次に背景に選んだのは、なんとiPad。

画面は黒く、鏡のように少し反射します。

iPadに乗せて撮ってみると、イヤリングの硬い質感を捉えることができました。

ふんわりした雰囲気の先ほどとは真逆の、質感が伝わる写真です。

 

この2枚、実は光は同じなんです。

背景だけでここまでイメージが変わるとは驚いてしまいます。

 

そして番外編。

そばにあった観葉植物にイヤリングをつけてみました。

こんな表現もなかなか面白いのではないでしょうか。

 

ポイント②

背景で印象はガラリと変わる! イメージに合う背景を選ぶとGOOD!

 

撮影はPanasonic DC-GF9で行いました。

ぜひお試しください!

[ Category:Panasonic | 掲載日時:20年05月15日 18時00分 ]
7+

NEW POST

MORE
PAGE TOP