StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】Camera Technique Vol.7 フードの窓の使い方

【SONY】Camera Technique Vol.7 フードの窓の使い方

本館5階スタッフが、皆さまのちょっとした疑問にお答えする『Camera Technique』

「SONY」のEマウントAマウント、「CONTAX」や、動画のあれこれ、本館5階アイテムの比較や操作のやり方、
豆知識などを中心にお伝えいたします。


※SONY FE 70-200mm F2.8 GMフード

今回ご紹介するの望遠レンズのフードの窓です。
望遠レンズのフードを見てみると、ふたが付いていたり、スライド上の窓になっていることがあります。


※FUJIFILM フジノン XF50-140mm F2.8 R LM OIS WRフード

意外と知られていないこの窓の使い方をSONY FE 70-200mm F2.8 GM OSSを使ってご紹介します。

こちらのフードの場合はスライド式となっており、扉を動かすことによって開けることが出来るようになっています。

窓を開けると指を入れられる状態になるので、写真のようにフードを外さなくても、
PLフィルターや可変NDといったフィルター前面の枠を簡単に回転させることが出来ます。

特にフードが深く、付けた状態ではフィルター前面の枠が回転させずらい望遠レンズのフードなどに設けられることが多いです。
風景撮影等に便利な機能ですので是非ご活用ください!

次回も本館5階スタッフが、ちょっとした疑問点に対する答えをお送りいたします。

お楽しみに!

 



[ Category:FUJIFILM SONY | 掲載日時:20年08月21日 12時00分 ]
3+

RECOMMEND

PAGE TOP