【フルサイズで味わう】F1.4への誘い ~キヤノン編~


Canon EF24mm F1.4L II USM

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM

BODY : Canon EOS 5D MarkIII

「24mm」といえば標準的なズームレンズの広角側の焦点距離としても知られています。
広角レンズは広大な景色を写真にギュッと収めるには最適です。
しかし、そのようなシチュエーションではF8~16くらいまで絞って撮ることが多いです。

使い手によっては、このEF24mm F1.4L II USMを手に入れても
開放F値1.4を使うシーンは少ないかもしれません。

では、このレンズの開放F1.4という明るさにはメリットが無いのでしょうか。
フルサイズセンサー搭載のEOS 5D MarkIIIに装着し撮影しました。

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM
レンズの明るさ、というのは明るいに越したことはありません。
価格や重量は大きくなるものの、「F1.4」という明るさは、
暗い室内での撮影に対し臆病になることを防ぎます。
F1.4の明るいレンズを通った光をフルサイズセンサーが余すことなく捕えます。

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM
広角になる程、ボケの大きさは小さくなります。
しかし、フルサイズの撮像素子とF1.4の明るさが相まって
最短撮影距離25cmに近づくほど、背景の大胆なボケを楽しむことが出来ます。

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM
ピントの合っている部分の描写が際立つことによって視点の誘導がしやすくなります。
ズームレンズで明るいと言われているF2.8の明るさとは比べ物になりません。

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM
ズームレンズに比べて嫌な歪みが少ないことは、単焦点レンズのこのレンズならでは。
広角らしいパースペクティブの中にも安定感があります。

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM
野外の昼間ともなると、開放F値1.4だとEOS 5D MarkIII最高のシャッター速度
1/8000をもってしても、露出がオーバーになってしまう事が多々あります。
NDフィルターを用意しておく事をオススメします。

Canon EOS 5D MarkIII + EF24mm F1.4L II USM
言い換えれば、高速シャッターを切りたいシーンでは有用という事です。
流れる小川の水を、凍てつく氷のように止めて撮影することが出来ました。

今回、様々なシチュエーションで撮影してみて、
24mm F1.4を開放で撮影することのメリットを感じることが出来ました。
マップカメラのお店ではこの「EF24mm F1.4L II USM」を実際にカメラに装着して、
その描写やボケ味を、試して頂く事が可能です!

ネットでは1点1点豊富な商品画像をご用意しております!

↓今なら在庫多数! 選べます!↓

↓写りの極みここにあり!Lレンズ特集!!!↓

終了迫る!今月末1月31日まで!
36回払いまで金利手数料0%!マップカメラの超低金利ショッピングクレジット

レビューを書いてポイントGetのチャンス!!
「コミュレビ大賞」開催中です!!
皆様が使ったことのある機材についてぜひ教えてください!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:16年01月26日 19時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP