【フルサイズで味わう】F1.4への誘い ~ライカ編~

『フルサイズ』=35mm判フィルムサイズのセンサー規格のこと。

ただ人によっては『フルサイズ』ではなく、このような別称で呼ぶ人もいると思います。

【ライカ判】と。

昔35mm判フィルムがライカに採用され広く普及したことから、
このような名称がついたそうです。

ではF1.4ライカレンズを余すところなく味わえるのは、
間違いなくこの【ライカ判イメージセンサー】ではないでしょうか。

今回の撮影では【Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH】が持つ“味”を
Leica (ライカ) M9に装着して堪能してきました。

Leica (ライカ) M9 ブラックペイント+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック

F1.4のレンズは大きな円形ボケが非常に魅力的です。
数十メートル離れた車のテールランプでも綺麗な形のボケとなっています。
小さすぎず大きすぎず、適度なサイズ感に収まっていてバランスが良い。
と言っても実は狙ったわけではなく、
ガードレールを撮影した際にたまたま円形ボケになってました。
このような意図してない副産物が出てくるのも、F1.4レンズの楽しみの一つに感じます。

Leica (ライカ) M9 ブラックペイント+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック

ズミルックス M35mm F1.4 ASPHは最短焦点距離0.7メートルと決して寄れるレンズではありません。
しかしながらこの最短焦点距離は理に適っていると思います。
こちらのバイクのような大きな被写体を撮影する場合、
0.7メートル離れることによって被写界深度をしっかり確保できます。
そして背景に行くにつれて滑らかに、且つ大きくボケていく様は、そのまま被写体の立体感に現れます。

Leica (ライカ) M9 ブラックペイント+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック

スナップの定番・焦点距離35mm。
画角上の不要なものを取り除き被写体を目立たせやすく、
背景に程よい奥行き感が得られる。
そこに大口径F1.4の滑らかなボケ感と大きな円形ボケ。
表現の幅を一回り広げてくれることでしょう。

Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック
Leica (ライカ) M9 ブラックペイント+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック
黒の引き締まったベースカラーに白とオレンジの文字。

Leica (ライカ) M9 ブラックペイント+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック
洗練されたデザインはライカのカメラボディに付けると

Leica (ライカ) M9 ブラックペイント+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ブラック
渋くかっこいいです。

レビューを書いてポイントGetのチャンス!!
「コミュレビ大賞」開催中です!!
皆様が使ったことのある機材についてぜひ教えてください!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:16年01月18日 18時42分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP