【マイストックフォト】みらいの″あお”を夢見て

【マイストックフォト】みらいの″あお”を夢見て

本日ご紹介するMapTimesで使用した機材はこちら

『メイン機材名』Canon (キヤノン) EOS 6D Mark II ボディ

『サブ機材名』Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM

 

 

「水平線が見れなくなって、どれくらい経つだろ」

最近こんなことを考えます。

 

涼しげな音を立てる風鈴は、水色。お暇の続く愛車の色も、水色。カーテンも、ラグも、シーツも、ケトルも、私の周りは全部みずいろ。

そんなせまっ苦しい6畳一間の賃貸で、物思いにふければ思い出す、今まで出会ったたくさんの海景色。

端の欠けたロイヤルストロベリー柄のティーカップに淹れた紅茶が冷めるまで、心はずっと、同じところを巡ります。

海に、行きたいなあ…と。

 

そんな時は撮りためた写真を見返し、かつての旅をもう一度。写真旅行ならたった3クリックで目的地に到着です。

まずは、ここから。

広島県竹原市からフェリーで10分少々の距離に浮かぶ、大久野島。

大日本帝国陸軍で唯一の毒ガス製造工場があった島で、島内のいたるところにその遺構が見られます。

ウサギがたくさん生息していることでも有名。ここでみられる夏空は格別でした。

 

 

こちらは静岡県伊豆半島の景勝地、伊豆の国パノラマパークから望む駿河湾です。

霞がかった5月、せっかくなのでローキーで。

 

 

調布空港から新島空港へ、飛行機に搭乗し収めた一枚。

この航路で使用されている機体はDornier 228-212 NGというプロペラ機なのですが、非常に小型のため機内はシートが2列しかありません。

それゆえどこに座っても常に左右どちらかの窓側席。景色がずっと楽しめます。

離陸の際の強烈なGやエンジンの爆音など、忘れられない思い出になりました。

 

 

神奈川県横須賀市観音崎通りから徒歩0分。たたら浜です。

コンテナ船がのんびり行き交う、ソーダ水のような透き通った遠浅。

容赦なく照り付ける太陽に、水遊びを楽しむ子供たちの声が脳裏に焼き付いています。

 

 

静岡県御前崎市の御前崎海岸サンロードほど近くより。

御前崎灯台は、日本全国「登れる灯台16基」のうちの一つ。

灯台守の夫婦を描いた「喜びも悲しみも幾歳月」のロケ地でもあります。

交通の便も段違いに悪かった当時、人里離れた灯台の官舎に暮らし、重たい分銅を真夜中に何度もジャッキで巻き上げる。

沖ゆく船の安全を願い、来る日も来る日も灯をかざす。灯台守の方たちは「守灯精神」を心に命懸けで海を守ったそうです。

 

 

東京都新島村を発ってすぐ、大型客船船上にて。

初めて見た新島の海は、まるで幾重にもあおが折り重なっているようでした。

季節は雉始雊の只中にありながら、柔らかな潮の香りと透き通った南の風。

ガラス瓶を人差指ではじくような、遠く響く清涼感が今でも香ります。

 

 

最後は山口県下関市の角島大橋。

当日はあいにくの曇天がお出迎え。なのに海は透き通ったマリンブルーという、およそ想像もできない景色が広がっていました。

この先、夢ケ崎にある角島灯台も「登れる灯台16基」です。

 

 

何気なくカメラをつかみ、あてもなく車を走らせ、わけもなくシャッターを切る。

それが全部大事なものだったと、痛いほど気付かされました。

自分に根ざした「ただ何となく」が遠くなった今、願いは一つです。

″皆で力を合わせて今を乗り切る″

 

そのために、せめて心の中にはみずいろを宿したい。

見たことのないものを見つけに行ける日まで。

きっといつか出会える、みらいの″あお″を夢見て。

 

ストックフォトコン開催中!皆さまの中から思い入れのある写真をご投稿ください!

[ Category:Canon | 掲載日時:20年05月13日 10時29分 ]
9+

NEW POST

MORE
PAGE TOP