StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【中一光学】SPEEDMASTER 65mm F1.8

【中一光学】SPEEDMASTER 65mm F1.8

手軽に持てるデジタル中判として近年注目されているFUJIFILMのGFXシリーズと、それに対応する数少ない社外レンズで撮影してみました。

今回使用したFUJIFILM GFX 50RはGFXシリーズの中でもとりわけ軽量コンパクトなレンジファインダースタイルのボディです。

レンズは中一光学から発売されているSPEEDMASTERのGFX用レンズ65mm。

GFX用SPEEDMASTERには85mmと65mmがあり、65mmはフルサイズ換算約51mm F1.2です。

 

前回に引き続き、今回もJPEG撮って出しで編集は一切しておりません。

まずは一枚。

少し絞ったことで口径食はかなり少なくなっています。

ピントピークの解像力が5000万画素に充分ついてきており、そこからなだらかにボケていきます。

今が旬、稲穂畑へ。

開放で周辺部の稲穂が怪しく周りかけるのもまた一つの味です。

少し意地悪なシチュエーションのため、パープルフリンジが出ています。

しかしながら、それを補って余りあるダイナミックレンジの広さです。

ポップな前ボケから褪せたサフカラーブルーの水門。

ラージフォーマット特有の表現力の高さはアンダー10万円のレンズでも健在です。

GFXを持つと縦構図が増えてしまうのは私だけでしょうか。

水面の階調の美しさが目を引きます。

一休みしにお気に入りのカフェへ。

レンズがピントを置いた部分の立体感を際立たせ、ボディがアンダーを粘らせてくれるおかげで何気なく撮った一枚も素敵になります。

若干の樽型収差が出ていますが、補正するならワンタッチで可能なレベルです。

最後はGFXマルチアスペクトの中でも奇抜な65:24を。

煙が空気中に溶けていく様子を階調豊かに描いてくれました。

 

 お手頃になった初代GFX50Sや、AFが使えるGFレンズもオススメです ↓

 

 

[ Category:etc. FUJIFILM | 掲載日時:21年10月26日 12時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Jaccs限定60回まで金利0% 商品おすすめコンテンツがLINEで受け取れます

RECOMMEND

PAGE TOP