StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【好機到来】中望遠をお手軽に遊びたい!

M型ライカユーザーにとって、自身の標準レンズを35mmとするか50mmとするかは、至上の命題ともいえる問題でしょう。
各々の好みによって意見の分かれるところでありますが、私は50mm派です。 被写体に対し、1歩踏み込んだ感じ。
35mmだとちょっと広がりを感じてしまい、主張があいまいになってしまう感じがします。 まぁ、単に下手なだけでもありますが…

ところが、その50mmよりさらに望遠寄りとなると、これがなかなかの未知数。
レンジファインダーのカメラ向きでないよね、なんて、勝手に思い込んでました。

そんな私の思い込みを覆してくれたのは、フォクトレンダー ノクトン 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM。
たまたま試写する機会に恵まれ使ってみたのですが、思いのほか使いやすい印象を得ました。

先に書いたように、35mmに対し50mmの画角は1歩踏み込んだような形、それに対し75mmという画角は対象物により注目した時の感覚に似ています。
「んっ?!」と思って、意識を集中した時の感じ。

自分が何に気持ちを動かされたのか、それを極端に強調することなく、自然な感じで主張できる画角のように感じました。
俄然、75mmという画角に興味が湧いたのですが、本家Leicaで見ると、現行レンズの雄、ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.が150万円越え、アポズミクロン M75mm F2 ASPH.で50万円前後、エントリーモデルのズマリット M75mm F2.4でも25万円くらいという価格帯。
なかなか気軽に楽しめるものでもありません。

そんななか、先に試写の機会があったノクトン 75mmの新品価格は11万円ほど。 大口径F1.5であることを考えると、かなりお買い得?
実際に使ってみると、そのコストパフォーマンスの高さに驚かされます。

以下の作例は、すべてLeica M10 MONOCHROMで撮影。


良い感じにくたびれたカフェの日よけに、スポット的に日が当たっていました。


同じカフェ。いろいろな色味のレンガが微細に表現されています。M10 MONOCHROMとの相性も良いようです。


写りが良すぎて、街灯のガラスの汚れがきれいに(?)出ました。


ライカで中望遠を気軽に楽しみたい貴方(と私)、カメラバッグに1本いかがですか?!

 


 


〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

 

[ Category:Leica | 掲載日時:20年08月14日 12時00分 ]
4+

RECOMMEND

PAGE TOP