StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【好機到来】待望のNikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

【好機到来】待望のNikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

待ちに待ったとは正にこのことだと思います。
2020年2月14日からの発売延期から約6ヶ月、Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR Sが発売されました。
今まで使用していたのは2003年の8月発売のFマウントレンズ、Nikon AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ライトグレー。17年の時を経て、最新のミラーレス専用レンズを使用してみました。

ニコンのレンズは基本的にブラックなのですが、ライトグレーのレンズを使っていた身からすれば新鮮に感じました。早速、カメラバッグに入れ撮影に出掛けました。

ミラーレス一眼カメラはNikon Z6、Z50を使っている私。撮影時のレンズ選びでは24-70mmよりも選ばれることが多い1本です。そして、Nikon Z用エクステンショングリップ Z-GR1も発売されました。望遠ズームレンズとなると小さいボディでは安定しにくく、手が疲れてしまうこともあります。あると便利なアクセサリーでしょう。

レンズのアクセサリーと言えばレンズ保護フィルターがあります。私は保護フィルターは付ける派。Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR SはSラインのレンズで、高い描写性能を誇ります。できるだけレンズの性能を落とさないため、保護フィルターはNikon ARCREST PROTECTION FILTER 77mm AR-PF77を使っております。今回は一時的に他のレンズから取り付けました。

焦点距離:200mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/100 秒 ISO:100
使用機材:Nikon Z6 + Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

猛暑の中、水分補給していた時の一枚。ズームリングが操作しやすいため、瞬時に撮ることができました。

焦点距離:200mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/800 秒 ISO:100
使用機材:Nikon Z6 + Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

シダの葉に差し込んだ木漏れ日。開放での撮影ですが、ピント面がとてもシャープなことに驚きました。高画素モデルのZ7が欲しくなってしまった瞬間でもありました。

焦点距離:130mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/100 秒 ISO:100
使用機材:Nikon Z6 + Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

こちらはくるりとカーブした植物。植物公園だと、単焦点レンズでは撮影しにくいこともあります。また、標準ズームレンズでは寄りきれないことも多いです。

焦点距離:200mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/400 秒 ISO:100
使用機材:Nikon Z6 + Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

散策していると目の前の葉にトンボが飛んできました。ゆっくり近づき、撮れたのがこの写真でした。羽の線がしっかりと描写されているのがわかるかと思います。

待望のNikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S。AFのスピードや食いつきは良く、描写も鮮明。Zシリーズのカメラを使うのであれば外せない1本でしょう。NikonのZマウントレンズのロードマップを見ると、100-400mmや200-600mmといった望遠ズームレンズも今後出てくるようです。さらに、Micro 105mmのレンズの登場も控えており、今後のラインナップ拡充が楽しみです。

勿論、Nikon AF-S VR ED 70-200mm F2.8 G(IF) ライトグレーも性能が高いのでFマウントの一眼レフ機を使う際は活躍することでしょう。ライトグレーの色もお気に入りなので、大切にしていきたいです。

少しでしたが最新のレンズに触れることができました。
そして、Zシステムも拡充したくなり、Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR Sを買ってしまいました。

焦点距離:200mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/2000 秒 ISO:100
使用機材:Nikon Z6 + Nikon NIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR S

 

▼今回使用した機材はこちら▼






[ Category:Nikon | 掲載日時:20年08月31日 12時00分 ]
5+

RECOMMEND

PAGE TOP