StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【好機到来】白黒に帰ろう!


学生時代、写真部に身を置き、講義に出る間を惜しんで暗室に籠っていたのは、もう30年も昔の話…
当時は、年間150本位のモノクロフィルムを現像し、暗室作業に没頭していました。
木造長屋の一角で、たった1人徹夜で暗室に入っていると、感じてはいけない気配まで背後に忍び寄ってきたり…
突然、肩を掴まれたかと思いきや、振り返っても誰もいず…
…まぁ、それは別の話。

時は流れ、時代はデジタルに…
気がつけば、モノクロフィルムが1本1000円を超える高級品に! 確か当時は長巻を買って自分で詰めれば、1本180円相当ぐらいだったような…
それでもまだ製造されているだけでも、喜ぶべきか。
まだまだフィルムカメラを手放せない私は、お昼代を節約して頑張っています。 …って、これ学生の頃から変わらないか⁈

ただ暗室だけは、如何ともし難く…
狭い我が家、カメラの置き場でさえ、妻の目を気にしながらなのに、暗室なんてとてもとても。
貸暗室も考えましたが、昔のように納得する仕上がりまで籠って作業する、時間も体力もなし。

そんな悶々とした日々の中、試写のために手にしたのが Leica M10 モノクロームでした。

4089万画素という超高画素でありながら、カラーフィルターを廃しモノクロームに徹することで、解像感も断然違います。

M10 モノクロームを体感してしまったら最後、もう他のカメラのモノクロモードでは満足できない身になってしまう、そんな魔のカメラなのです。

このカメラを手にした時、最初に使ってみたいと思ったのが、ズミクロン M35mm F2 8枚玉でした。
言わずと知れたオールドライカレンズの銘玉です。

ズミクロン 8枚玉が1958年からの発売ですから、およそ60年の時を経ての邂逅です。

Leica M10 MONOCHROM + SUMMICRON M35mm F2(8枚玉)
暗室作業では、黒の出方にこだわっていました…
このカメラで撮っていると、ついついアンダー目で撮ってしまいます。

Leica M10 MONOCHROM + SUMMICRON M35mm F2(8枚玉)
どこを見ても、細部まで緻密に写り込んでいます。

Leica M10 MONOCHROM + SUMMICRON M35mm F2(8枚玉)

Leica M10 MONOCHROM + SUMMICRON M35mm F2(8枚玉)
暗室作業でこれだけの色を出すには、覆い焼きを駆使しなければならなかったのですが、撮って出しでこれですから…

Leica M10 MONOCHROM + SUMMICRON M35mm F2(8枚玉)

Leica M10 MONOCHROM + SUMMICRON M35mm F2(8枚玉)
モノクロには、ちょっと場末なところが似合います。

再び写真の原点を教えてくれるカメラ、Leica M10 モノクローム。
最新レンズとのマッチングも良いですが、オールドレンズとのコンビで使ってみたいカメラです。



[ Category:Leica | 掲載日時:20年09月03日 19時50分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP