【新旧共存】SAL・SEL70-300mmF4.5-5.6【SONY】

【新旧共存】SAL・SEL70-300mmF4.5-5.6【SONY】

今回ご紹介いたしますのは「新旧共存」ブログ、SONY「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II SAL70300G2」と「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G」との比較、同一焦点距離での「αマウントとEマウント」の比較となります。

使用したボディはすべて「α7RⅣ」。αマウントにはマウントアダプター「LA-EA4」を使用しました。

有効画素数約6100万画素を生かせるのだろうか、期待を胸に撮影に出掛けました。

SAL70300G2 1/320 f/5.6 ISO640 300mm

SEL70300G 1/320 f/5.6 ISO500 300mm

まずは、朝顔を撮影してみました。後ろのボケ感や解像感含め、ほとんど変わりがないことに驚きました。

SAL70300G2 1/1000 f/5 ISO100 100mm

SEL70300G 1/1000 f/5 ISO100 100mm

続きまして、こちらの写真は収差が出るようにあえて太陽に向かって撮影をしてみました。

厳しい環境下からか、やはりどちらもフレアやゴーストは出てしまった結果です。

立ち位置が若干ずれているからかもしれないですが、色被りがEマウントの方が若干出ています。

 

SAL70300G2 1/320 f/5.6 ISO4000 300mm

SEL70300G 1/320 f/5.6 ISO3200 300mm

両レンズとも約6100万画素の描写を十二分に発揮をしております。セミの細かな部分までしっかりと表現をしてくれてました。

そして後ろの丸ボケの形を含め、収差はほぼ変わりません。

 

しかし、上記の写真で気になったのはαマウントの方が若干暖色気味であることです。ホワイトバランスは同じ設定にしておりますため、レンズによる色乗りの違いが見受けられます。

背景のボケの色が、αマウントは黄緑色に対して、Eマウントは緑色であることがわかります。どちらが良い悪い…ではなく、好みの問題かと思います。

光の具合や環境の違いによっては、このように色の出方に違いがありそうです。

こちらはこのレンズだからなのでしょうか、それともαマウントとEマウントの共通の異なる点なのでしょうか…。まだまだ研究不足ですので、今後の新旧共存ブログで研究をしていきたいと思います。

 

SAL70300G2 1/320 f/5.6 ISO800 300mm

SEL70300G 1/320 f/5.6 ISO800 300mm

続きましてこちらのセミの写真は、αマウントの写真がピンボケをしてしまいましたが比較のために乗せさせて頂きました。

撮影したときはピントが合っていると思っておりましたが、帰宅しPCで確認したらピントが合っていなく、とても残念です。

実際こちらの被写体にピントを合わせるとき、αマウントは苦戦をしました。合わせやすい大きめな被写体に関しては、両レンズ共に違和感なく動作しましたが、小さめな被写体に合わせることは難しかったです。

場面によっては、αマウントはMFの撮影に切り替える必要があるかと思います。

 

SAL70300G2 1/400 f/5.6 ISO100 300mm

SEL70300G 1/400 f/5.6 ISO100 300mm

最後に、月の撮影を行いました。

上記の写真では、魅力が伝わりませんので、月の部分を拡大してみました。

月のクレーターがはっきりと写っています。

ここまで拡大をしても劣ることのない画質、α7RIVの性能を両レンズとも十二分に生かせております。

 

比較をしていく上で、気づいたことが「思ったよりαマウントとEマウントの差がない!」という発見でした。

ボケ感や収差、解像感までほぼ一緒。発見できた異なる点はAF性能と色乗りでした。

正直に申し上げると撮影する前は、もう少し解像感に差が出るかと思っておりましたため、このような結果になり、驚きを隠せません。

『αマウント「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II」が「α7RⅣ」の画素数に対応ができる』という事実。αマウントのレンズの質の高さ痛感いたしました。

 

両レンズはマウントアダプターを含めて、重量差はわずか約50g。重量感の差は大きくは感じません。

それを考慮すると、中古の値段が落ち着いているαマウントとマウントアダプターを購入してミラーレスカメラ・Eマウントと両レンズを持ち合わせる…なんて楽しみ方もありだと思いました。







また、今度SONYから新しいマウントアダプター・Eボディからαレンズ用であります「LA-EA5」が発売されます。


αマウントがこんなにも質が高いことが実感できた今、SONYが改めてこちらのマウントアダプターを出す理由が分かったような気がしました。

ぜひこちらの商品もチェック頂ければと存じます。

[ Category:SONY | 掲載日時:20年09月04日 12時00分 ]
5+

NEW POST

MORE
PAGE TOP