【マップカメラ情報】【新発売】ついに大口径カールツァイス25mmF2(ZF.2)が入荷しました!

2号店2階からこんにちは。

本日予定通り、今を時めくカールツァイスの新作大口径レンズが
入荷しました!

null
Carl Zeiss Distagon T*25mmF2(ZF.2)

ツァイスのディスタゴン25mmといえば、今から凡そ60年前に
コンタレックス用に設計・製造されたF2.8が有名ですね。
その設計があまりに完成されていたが為に永らくツァイスは
25mmはこのF2.8を造り続けました。

コンタレックス用以降、ローライSL35やイカレックス、そして
コンタックス用として50年近くも生産され続け、現在もニコンF用
及びキヤノンEOS用があるのは周知の通りです。

下はF2とF2.8のフェイスです。いい面構えです。
null

ひっくり返すとこんな顔。後玉もF2はさすがに大きいです。
null

新設計で大口径のF2レンズがどのような写りをするのか?
ツァイスが文字通り満を持して出したレンズです。結果を見るのが
とても楽しみなレンズですね。

大きさが分かりやすいようにD700と並べてみました。
左がF2、右がF2.8です。
null

25mmの大口径の割には意外なほどコンパクトにまとめられている
という印象です。
重さはF2.8が460g、F2が600g。
フィルター径はF2.8が58mm、F2が67mm。
ディスタゴン25mmF2.8の特筆すべき特徴である最短撮影距離の
短さ(17cm)は、F2になってちょっと長くなって25cm。
大口径化に伴い近接時の球面収差の増大は不可避でしょうから
致し方ありませんね。

F2とF2.8で付属のメタルフードの形状も大きく変わりました。
null
左がF2用、右がF2.8用です。
null
高級感が増した花形仕様です。

「非球面レンズを活用した極めてモダンな設計で、デジタルカメラの
使用に最適化。色収差の卓越した補正により描写性能を向上」
(メーカー談)した最新ディスタゴン。非常に楽しみなレンズです!

ネット注文はコチラ

今ならわずかながら在庫ございます!

2号店2階で皆様のご来店・お問い合わせ(03-3342-3382)
お待ちしております!

※なお、在庫切れの際はご容赦下さい。

[ Category:etc. | 掲載日時:12年08月28日 21時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP