【私のお気に入り】愛機と共に

愛機と共に

モノを購入する際、
「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」
といったことがあります。

今回【私のお気に入り】ということで、
カメラ機材に全く関係のない腕時計を
上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。
是非お読みいただければ幸いです。

初めての機械式時計は10年以上前に購入した
OMEGAのスピードマスターだったのですが、
手首の上でジリジリと回るローターの感覚…
スムースに動くスイープ運針…
たまりませんでした。

すっかり機械式時計に魅了され、あの時計に手を出すことに…

愛機と共に

Ref:16710 通称“ペプシ”と呼ばれる
赤/青ベゼルの ROLEX GMTマスターⅡです。

購入したのが2011年、既にこのモデルは廃盤となっており
新型GMTマスターⅡが出ていました。

しかし、なぜ新型ではなく旧型にしたのか、
そこには自分なりのこだわりがあります。

愛機と共に

傷だらけですが…
ブレスレットは旧型のヘアライン仕上げの方が
スポーティーなモデルに合っている気がする…

愛機と共に

ピン甘めですが…
インデックスは旧型の小さい方がなんとなく好み…

たったこれだけです。
これだけで旧型を選びました。
小さいけれど大きな差…わかる人にはわかるでしょうか。

ベゼルインサートがアルミのため、
退色していくというのも旧型ならではです。

愛機と共に

時計を撮影することはほとんどなかったので、
映り込みをなくすことやマクロ撮影の難しさを痛感。
これもピン甘めですが…記念に王冠透かしも撮りました。

それにしても、どこから見てもやはりかっこいい…
もうこの時計さえあれば、他には何もいらない!
とずっと思っていました。

あの時計に出会うまでは…

愛機と共に

LONGINES マスターコレクション
レトログラード L2.715.4.71.6 です。

見るからに複雑な文字盤…これにもこだわりがありました。

愛機と共に

せっかくの機械式時計であれば、やはりその機構を覗きたい…
最初に買ったOMEGAやROLEXにはないポイントなので、
シースルーバックは重要でした。

愛機と共に

そして何より着用する以上、実用性は絶対に外せません。
日付、曜日、24時間計も付いている…申し分なし。

しかも全てレトログラード(終点になると始点にフライバックする)針ではないですか。

ただ、24時間計にしても1日に1回、
曜日に関しては1週間に1回、
日付に関しては1ヶ月に1回しか
その動きを拝めない…

愛機と共に

がしかし、こちらは秒針までレトログラードなのです。
これが最大の決め手でした。
ちょうどジャンプしたタイミングを捉えた1枚。
この動き…萌えポイントです。

日付や曜日のレトログラードは他のブランドでも数多くありますが、
秒針となると途端に選択肢がなくなります。

それが少し頑張れば手にできる良心的なプライスであるとなると
避けては通れませんでした。

愛機と共に

今はこの2本体制ですが、
人の目を気にしない強靭なメンタルがあれば両腕にはめています。

それくらい私のお気に入りです。

マップカメラ25周年を記念した「Earth Photo Contest」も開催中です!
こちらの投稿テーマも”私のお気に入り”!お気に入りの写真は何枚でもご投稿いただければと思います。
様々な豪華賞品をご用意しておりますので奮ってご参加ください。

〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon | 掲載日時:19年08月18日 11時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP