StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【秋、色撮りどり】フィルム散歩 ~HASSELBLADで刻む秋~

【秋、色撮りどり】フィルム散歩 ~HASSELBLADで刻む秋~

「うわぁ~、すごい!」 隣で妻の嬉しそうな声。

HASSELBLAD 500C/M + Carl Zeiss Planar C80mm F2.8 (FUJIFILM PROVIA 100F) 以下、同じ。

東京、立川にある国営昭和記念公園。 3年前秋深まる頃、紅葉を求めて妻と散策に出かけました。

入場してすぐ、奥の大噴水へと続く水路(カナールというらしい)の両脇に200mほど連なる銀杏並木は、青空とのコントラストも美しい見事な黄色。
iPhoneを構えた妻の横で、私もすぐにバッグからカメラを引っ張り出しました。

今回のお供は、ハッセルブラッド 500C/M。 言わずと知れた中判一眼カメラの雄ハッセルブラッド、1970年発表のベストセラーカメラです。
装着レンズは、カール・ツァイス プラナー C80mm F2.8。 銀鏡胴が映える、ハッセルユーザー定番の組み合わせです。

カラー撮影に適したT*コーティング付きのレンズと異なり、銀鏡胴のCレンズはどちらかというと白黒撮影向きで考えていたのですが、これだけの黄色を出せれば十分です。

東京の南、駅1つ向こうは神奈川県という場所に住んでいる身としては、立川までは同じ東京とはいえかなりの遠出なのですが、妻も喜んでいるし、まぁ良しとしましょう。

「うわぁ~、すごい…」 今度は、低いトーン…

並木の中は、こんな感じ。 人だらけでした…
グループで来た人、家族連れ、カップル、中にはアジア系の商業写真撮影と思しき集団も…
それぞれが思い思いの場所で写真を撮っているものですから、なかなか前に進めません。

やっとの思いで抜けた先に大きな噴水が。

秋深しといえど、ピーカンの太陽の下で汗ばむような陽気。 カメラの最高速1/500秒で撮影しました。

奥に進んでいくと、目の前に大きな池が。 ボートが何艘も浮かんでいました。

ここで間違っても「乗る?」なんて聞いてはいけません。
おとなしそうに見える妻ですが、私よりもはるかにアクティブです。
「暑そうだよね、みんなよく平気だねぇ?」 こういう時は、否定から入ります。
「焼けそうだねぇ…」 これは効きます。
「そうねぇ…」 …よしっ。

危機を回避した後は、撮影に勤しみます。

手前の池にピントを合わせていると、奥を子どもたちが元気よく駆け抜けていきました。

ケイトウのお花畑が。 いい感じに浮き上がりました。

園内を回遊する車を落ち葉越しに。 ウエストレベルファインダーならではの1枚。(あ、でも最近はバリアングルファインダーなどで簡単に撮れるか…)

いい感じのところは、どこも人だかり…

そして、空いたらすかさず… 見上げる写真もウエストレベルは楽勝です。(あ、でも 以下同じ…)

気がつくと、結構なお時間、そろそろ帰途につきましょう。

人が画面からいなくなるのを、待って待っての1枚。

でも、入り口付近の並木道は相変わらずの混雑でした。

広い園内を結構歩きました。 帰りの電車では、2人揃って舟を漕いでいました。 良かった、ボート漕がなくて…

落ち葉の中からハッセルが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:20年09月28日 19時40分 ]
8+

RECOMMEND

PAGE TOP