StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【秋を感じて】秋の七草 その2 この季節に咲く花(8)

【秋を感じて】秋の七草 その1 この季節に咲く花(7)

こちらの続きです。

三番目、「女郎花 オミナエシ(女郎花の文字が当てられたのは平安時代のことです。)」です。

淡雪のような黄色い小さな花が集まって咲き栗花とも言います.

姿は、美しい草花で見かけによらずにおいが臭く、腐った感じのにおいがします。

また、別名「敗醤(はいしょう)」とも言います。

特に切り花にすると臭さが増します。

良い香りでなくとも、蝶が集まります。 ちょうど、ツマグロヒョウモン(雄)が夢中になって蜜を吸ってました。

また、根は薬になります。腫れ物、利尿、解毒などに効くそうです。

和名は、花が黄色くオミナ(女性)とエシ(飯)で女性が食べる黄色い栗飯に似ているからだと言われてます。

四番目、「桔梗 キキョウ(歌に出ている朝貌の花 あさがほは、これでないかと言われてます。)」です。

野生は絶滅危惧種にもなっております。

大切にしたいと思います。

開花時、雄しべが雌しべを覆い、花粉を出す。雄しべがしおれた後、雌しべの先が開きます。雄性先熟植物です。

2枚目の写真の左下に風船のような蕾が見えます。英名で「Balloon flower」と呼ばれます。

根は薬に使用なる反面、誤食すると毒性もあります。

今回は、綺麗な花には何かある。秋の七草も毒にも薬にもなる様です。

【参考文献】

フィールドガイド 日本のチョウ 株式会社誠文堂新光社

大きくて見やすい! 比べてよくわかる! 山野草図鑑 (朝日園芸BOOKS) 金田/洋一郎(著)  朝日新聞出版

色と形で見わけ散歩を楽しむ花図鑑 大地佳子, 小池安比古他 ナツメ社

日本の有毒植物 フィールドベスト図鑑16巻佐竹元吉 (その他) 学研

日本の薬草 フィールドベスト図鑑 監修: 矢野 亮 出版社: 学研

持ち歩き! 野草・雑草の事典532種  金田 洋一郎 金田 初代 (著) 出版社:西東社

色で見わけ五感で楽しむ野草図鑑   高橋修 (著), 藤井伸二 (監修) ナツメ社

[ Category:SIGMA SONY | 掲載日時:20年09月18日 13時00分 ]
15+

RECOMMEND

PAGE TOP