【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.3

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.3

本日私がご紹介するのはこちら。

ライカM3?ライカレンズ?

いいえ、レンズフードです。

 

歴史の長いライカのレンズには、それぞれ専用フードが存在しています。

一見すると付属品やおまけのように見えてしまいますが、

どれも個性豊かで、一度手にするとその魅力に取りつかれ、

レンズを手に入れる前にフードを買ってしまう人もいるとか…。

 

まずはこちらのフードです。

ライカ ズマール50mm F2用フードSOOMP

「カウベル?」というのが私の第一印象でした。

角型フードに分類されると思いますが、先端に向かうにつれ広がっていきます。

また、角は丸くどこか可愛らしい印象です。

艶のあるブラックペイント仕上げに、繊細な文字の刻印が施され、当時の工芸品としてアンティークにも通ずる魅力を感じます。

ズマールの製造が1933~1940年までですので、こちらのSOOMPも少なくとも80年以上前に作られたものだと推察されます。

WETZLARかNew Yorkの2種類がありますが、こちらはWETZLARのモデルです。E.LEITZ WETZLARのロゴがかっこいいです。

 

続いてはこちら

ライカのレンズフードにおいて、最も有名なフードではないでしょうか?

通称イロアことIROOAです。

では何故有名なのかといいますと、その対応レンズの多さに理由があります。

フィルター径が39mmの35mmと50mmのレンズに対応し、

エルマー50mm 、ズマロン35mm、ズミクロン35mm/50mmとライカの歴史的な名玉が勢揃いしています。

このIROOAひとつで、これだけ多くに対応していると思うと、一家に一個必要かもしれません。

ちなみに第二世代以降ではスリット入りの12585というフードを装着するのが一般的です。

ちなみにこちらのIROOAは逆さ付けができ、その際の専用キャップが用意されていました。

 

そしてこちらが、私が数あるフードの中で最も推す

ライカ ズマリット50mm F1.5専用のXOONSです。

印象としては質実剛健で重厚な印象かと思います。

実際にその印象を裏切らず、他のフードと比べると肉厚で重いです。(62gほど)

しかし、表面に施されたちりめん加工の輝きや、真四角ではなく実は八角形という造形が美しく、お気に入りです。

勿論レンズの見た目も描写も好きですが、ズミクロン、ズマールと増えてきた際に、手放すか悩みましたが、XOONSがある為に手元に残したほど…。

 

続いては、Leica M3の上に載っているVoigtlander VCメーターIIです。

こちらのVCメーターIIは旧型に比べ薄くなったことで、カメラのデザインにより馴染むようになりました。

M3以外にも露出計が搭載されていない/使えないカメラを多く持つ私にとってはピッタリのアイテムです。

ただし、純正のライカ MCメーターのようにシャッタースピードダイアルとの連動機能がない為、

VCメーターIIのダイアルを適正露出に合わせたことに満足し、カメラ側を調整せずにシャッターを切る凡ミスをしてしまったことがあります…。ご注意ください!

 

さて、本日は普段主役にならないアイテムに焦点を当て、ご紹介しました。

 

↓ライカのフードに興味を持っていただけた方は是非ご覧ください↓

↓対応表ができました。是非ご利用ください。↓

 

[ Category:Leica | 掲載日時:20年07月15日 20時33分 ]
6+

NEW POST

MORE
PAGE TOP