StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.6

マップカメラスタッフのこだわりの逸品。
今回私がご紹介するのはこちら。

GITZO  トラベラー三脚GT1545T+雲台GH1382TQDキット GK1545T-82TQD
私の愛用している三脚です。
購入したのは2016年の春。
私自身、かなり前に購入したイメージでしたが、4年前であったようです。
当時、SLIKの安価な三脚を使っていました。
カメラをAPS-C機からフルサイズ機へと乗り換え、三脚がその重みに耐えられなくなったため、
新しい三脚の購入を検討していました。

三脚を購入するにあたって、重要視していたのは

1.耐荷重

2.しっかりと固定できる雲台と脚

3.持ち運びのし易さ

この3点。

GITZO  トラベラー三脚GT1545T+雲台GH1382TQDの性能は以下の通り。

全伸高 :163.5cm
格納高 :42.5cm
段数 :4
自重 :1.45kg
最大耐荷重 :10kg

GITZO  トラベラーシリーズは持ち運びを意識したシリーズで、
このモデルは脚部が180度回転し、縮長はたったの35.5cmになります。
このコンパクトさで耐荷重は10kgというのが私にとっては魅力的でした。

次に、しっかりと固定できる雲台と脚というポイント。
GITZO  トラベラー三脚GT1545Tは「トラベラーGロック」機構が搭載されています。
ネジを絞めるような感覚で脚を固定することが可能で、がっちりと固定することができます。

そして、雲台GH1382TQDの最大耐荷重は11kg。
縦位置でカメラを固定していても、レンズの重さでカメラが下を向いてしまうことはありません。

最後に持ち運びのし易さ。
「トラベラー」という名前だけあり、どこにでも持ち歩けるサイズと重さ。
GITZO センチュリー トラベラーカメラバック GCB100BPに取り付けることができ、
旅行や軽装備での撮影時などでは、両手を使って撮影に集中することが可能です。

三脚がなければ撮れない写真もあります。
私が購入を検討した際、三脚は一生ものと思って探しました。
結果、たどり着いたのがGITZO  トラベラー三脚GT1545T+雲台GH1382TQDでした。
カメラやレンズ以上に、一度良いものを買っておけば長く使えるのが三脚。
機材を更新しても、その耐荷重に耐えられれば使い続けることができるのです。

マップカメラスタッフのこだわりの逸品、いかがでしょうか。
次回はどのようなこだわりが見れるか楽しみです。


[ Category:etc. | 掲載日時:20年07月17日 15時00分 ]
7+

RECOMMEND

PAGE TOP