StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.16

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.16

本日ご紹介するのはこちらのカメラ

言わずと知れた、高級コンパクトフィルムカメラの先駆けとも言われるCONTAX T2です。

私と同じ90年生まれで、初めて自身で購入したカメラかつ、初めてマップカメラでの買い物というのもあり、個人的にメモリアルなカメラです。

それまでは祖父から譲ってもらったNikon FG-20というコンパクトで軽い一眼レフを使用していました。

今年で30周年を迎えますが、まだまだ色あせる事の無い魅力を持つカメラです。

 

外装:チタン

シャッターボタン:人工サファイア

ファインダーガラス:サファイアガラス

フィルム圧板:セラミック

さっと列挙しただけでもとってもバブリーな香りがする素材で構成されているのが分かります。

こういった細かなところまでこだわっているからこそ、30年が経った今でも人気があるのでしょう。

個人的には触れるとひんやりとしながらも、サラサラとした感触がお気に入りポイントです。

 

搭載レンズはCarl Zeiss  T* Sonnar 38mm F2.8

先代のCONTAX Tと同様のレンズですが、AFになり、最短撮影距離は70㎝までとパワーアップしています!

 

電源をつけると、レンズバリアが開き、レンズが出てきます。

絞りリングをF2.8にセットすると、プログラムAEモードになります。

T2の不思議な仕様として、絞り優先AEの場合は最高速は1/200、プログラムAEでは最高速が1/500になります。

 

美しいボディに負けず劣らず、レンズのコーティングも見事なものです。

T2といえば、鮮やかな青というイメージがありますが、モノクロばかり撮ってしまいました。(暗室がモノクロ専用だった為。)

しかしモノクロでも高いコントラストや手に馴染むサイズ感、露出補正などの必要な機能を備え、スナップにもピッタリで、どこに行くにも手にしていました。

 

しばしば後継のT3と比較されることが多いですが、個人的にはT2を推しています。

巷で言われるように確かにAFを外すこともあれば、T3やGR等と比べると大柄ではありますが、

バッチリ決まった写真を見ると、そんなところも愛おしいと思わせてくれる、不思議な力を持ったカメラです。

 

近年では再びブームになり、買取価格が当時の購入金額を大きく上回っていますが、今でも手放すことができない、大切なカメラです。

 

ちなみに本日の写真は全てLeica M-EにLeica DR SUMMICRON M50mm F2を装着して撮影しています。

そちらのご紹介は別の機会に。お楽しみに。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年07月22日 17時32分 ]
7+

RECOMMEND

PAGE TOP