StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.18

撮影のお供のクリーニング用品を紹介します。

今まで、レンズペン、たぶん1型を使っていました。
洋服のポケットに入り、手軽にクリーニングできるので重宝してました。

先端のチップが減った事とスペアがないので、新しい3型のペンの3本セットを購入しました。

キャップを取ってセーム皮のチップ、右側の山羊の毛のブラシを出した状態。

3本の真ん中のフィルター用のペンを使ってみます。

通常、付属のブラシで除くのですが私は、その前にブロアーで大きなゴミを除いてからおこないます。それから、ブラシを使います。

チップの部分で弧を描くように中から外へ円を描くように汚れを着いているカーボンの粉と一緒に拭き取っていきます。きれいなった後、カーボンの粉が残っていないか、ブロアーで吹いて終わりです。

チップの先の形は拭き取る部分がレンズ用だと凹んでいたり、フィルター用だと平だったり、一番小さいのはファインダー用です。

チップの先の拡大写真、ここにカーボンの粉がキャップ中の部分で補充されて拭き取るセーム皮部分です。

私は、屋外で撮影する機会が多いので、クリーニング液を使った拭き取りムラができて難儀しました。

でも、このレンズペンを使いはじめてからは、そんなことはありません。

クリーニング液を使わなければ、取れないものもありますが、経験上たいがいは、これで済んでいます。

私とおなじクリーニングで難儀した方、まだ使った事の無い方、お勧めいたします。

初めての方はセットがお得です。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年07月23日 15時10分 ]
9+

RECOMMEND

PAGE TOP