StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.40


今回の【こだわりの逸品】は『OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED12mm F2.0 リミテッドブラックキット』です。

こちら2012年9月に発売された全世界3,000セットの限定キットで、当時シルバーモデルしかなかった「M.ZUIKO DIGITAL ED12mm F2.0」
に、専用の金属製レンズフードとレンズキャップがセットになったこちらの商品は、オリンパスユーザーの注目を集めました。

「M.ZUIKO DIGITAL ED12mm F2.0」自体は登場時より、小型で高い描写性能を誇る大口径広角単焦点レンズと言うことで高い評価を
受けており、同時年に発売された「OM-D E-M5」を所有していた筆者も購入を検討していました。

ただ、「OM-D E-M5」がブラックボディだったこともあり、シルバーモデルを付けた外観には若干の違和感があり、二の足を踏んでいた
ところでリミテッドブラックキットが登場し、ユーザー心をくすぐる限定品という響きにも抗えず即購入となりました。


ブラック同士の組み合わせは、外観も金属外装による高い質感でボディとの一体感は素晴らしいものになっています。



夕方や夜の風景も大口径F2.0とボディ内手ぶれ補正で、歩き撮りでも気も向くままにシャッターが切れます。


もちろん広角レンズならではの広い視野と遠近感は、広い空間での表現力を高めてくれます。

発売から8年近く経過し、自分のメイン機も「OM-D E-M1 Mark II」に移行しましたが、現在でも小型軽量に高い描写性能で、撮影に出る際は必ずと言っていいほどカメラバッグに入れる機材となっています。

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年07月30日 16時32分 ]
4+

RECOMMEND

PAGE TOP