StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.43

今回ご紹介するのは、こちら。

Leica ズミクロン M35mm F2(8枚玉)です。

言わずと知れた、ズミクロン35mmの初代モデル。1958年から製造され、古くから「銘玉」の誉れ高いレンズです。

私の所有するのは、ファインダーに35mm枠のないM3で使用するために製造された眼鏡付きモデルです。
M3の50mm枠を拡大することによって35mmの画角が確認できるようになっています。
ファインダーの前に虫眼鏡のようなレンズを付けるのですから、はっきり言って見え具合は悪くなります。
ですが、その短所を補って余りある、このフォルム!!
この格好良さの前には、多少の不便も許せる気になります。

勿論、M3以外のM型ボディにも取り付けられます。
フレームセレクトレバーは50/75mmの位置に。
M3以外でも50mm枠を拡大することになります。

気になる写りは、こんな感じ。(作例は、全てM10 モノクロームで撮影。)

オールドレンズらしく、モノクロで撮影した時の味わいは格別。
グラデーションが豊かで、かなり暗い場所でも暗部がつぶれずに表現されています。

魅力的なフォルムの眼鏡付きですが、とはいえ、M3以外のユーザーの方には眼鏡付きでない通常タイプをお薦めします。
是非一度、「銘玉」といわれる8枚玉の写りを体感してください。

 

 

 

 


 


〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

 

[ Category:Leica | 掲載日時:20年07月31日 20時00分 ]
2+

RECOMMEND

PAGE TOP