StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.47

【自機一体】マップカメラスタッフこだわりの逸品 Vol.47

自機一体。

自身と一体になるほどの愛機、こだわりの逸品。

マップカメラスタッフの場合だと、自機一体というよりは、自機いっぱい!のスタッフがほとんどかと。

そんな冗談はさておき。

今回ご紹介するのは『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』

 

筆者がOLYMPUSのカメラを使う際に、必ず設定をカスタマイズするボタン機能の項目が2つあります。

1つ目はここ。

このボタンをマルチFnに設定しハイライトシャドウを調整できるように設定します。

 

あとで編集して仕上げる!ではなく撮影しているその場でイメージを固めるために、撮影に支障のないこの位置のボタンに割り当てています。

 

明暗差が激しい場所などで、シャドウを調整し黒を締めたり、ハイライトを上げ白を強調させたりと色々な方法があります。

スナップ撮影にも、動物やポートレート撮影にもオススメです。

 

2つ目はここ。

ISO感度やAF、測光、ピクチャーモードなどは基本的にスーパーコンパネ(OKボタン押下で表示される設定パネル)で変更を行います。

メニューから呼び出しが必要なものを割り当てますが、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIIからISO感度のボタンにライブND撮影を割り当てるようになりました(Mモードのみ発動されます)

 

 

モデルさんを待たせることなくサッと使える事が1番重要なポイント。

ライブND撮影はメニューの中の撮影設定2の1番下にあり、撮影中にモデルさんに待っていてもらってはシャッターチャンスを逃してしまいます。

なのですぐ機能をON出来るようISO感度ボタンに割り当てています。

ちなみに長押ししながらフロントのコントロールリングを回すとNDの効果を選択することが出来ます。

 

2009年7月3日にOLYMPUSがオリンパス・ペン E-P1を発売してから11年と1か月

24歳でオリンパス・ペン E-P1を手にした時の気持ちは今でも忘れません。

筆者は11年OLYMPUSのカメラで写真を撮影してきたことになります。

常にカバンに入れることが出来たのは、OLYMPUSのこだわり、軽くて小さい!があったからこそ。

雨にも負けず風にも負けず、まだまだ相棒とのカメラライフは続きます。

 

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年08月02日 17時35分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP