【速報】Nikon D780触ってきました!

一眼レフカメラユーザー待望の新製品
『D780』を触ってきました!

D780

ニコンプラザ新宿にて2020年1月24日発売予定の『D780』
スペック上での重量はD750、D780共に約840g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)となっていますが筆者がまず最初にD780を持った感想は『軽い気がする』でした。

スペック上、重量は変わらないものの、グリップが深くなっている点やポップアップストロボが無くなった点など、ボディの重心が変わっているのか、個人的な感想にはなってしまいますが軽くなっている様に感じました。

D780

バッテリーグリップ用の端子は無し。

バッテリーはD850、D750、D610、D7500と同じEN-EL15b
1回の充電で最大約2,260コマ撮影可能な低消費電力設計のためバッテリー1つでもD750の約1230コマと比較すると約2倍に増えていることでバッテリーグリップを廃止したのではないかと思います。

D780

12項目のカスタマイズが可能になった新しいiメニュー
ライブビュー画面とインフォ画面の両方に撮影スタイルに合わせたカスタマイズが行えるようになりました。

D780

3D-トラッキング設定時

Nikon D5と同等のAFアルゴリズムを最適化、さらに画像処理エンジンEXPEED 6の高い処理能力。
タッチ&トライコーナーに置いてあるレンズを使用し、動く被写体(模型)を3D-トラッキングでAFを行いましたが動体追尾性能はストレスなくAFが動いてくれる様に感じました。

D780
D780

ライブビュー撮影時のAF性能。

像面位相差AFとコントラストAFを状況に応じて自動的に切り換えるハイブリッドAFシステム。
オートエリアAFの「顔認識」と「瞳AF」性能は3D-トラッキングと同様にかなりの精度と速度の向上を感じる事が出来ました。

ポートレート撮影時にはより一層、構図や表情などに集中することができるのではないかと感じます。

D780

まだまだお伝えしきれていない魅力がたくさん詰まった『D780』

実際の使用感やレビューなどはKasyapaなどをお楽しみにしていただければと思います。

画像をクリック!Nikon 買取強化中!ワンプライス買取

[ Category:Nikon | 掲載日時:20年01月11日 19時18分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP