【マップカメラ情報】【11月30日はカメラの日】 カメラについて語ろう ~Leicaについて~

1977年(昭和52年)11月30日、小西六写真工業(現在のコニカミノルタ)が
世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ 「コニカ C35AF」を発売しました。
「ジャスピンコニカ」という愛称で呼ばれ、誰でもピンぼけせずに撮れるということで、
それまでカメラに縁のなかった女性層や高年齢層に受け入れられました。

いっぽうその頃!!

ライカはいったいどのようなカメラが主流だったんですかねぇ。

【Leica M4-2】
Leica M4のマイナーチェンジバージョン。特徴としては・・・

 ・ライツ・カナダで生産
 ・セルフタイマーを省略
 ・改造なしで「ライカワインダーM4-2」が取り付け可能に
 ・バリエーションとして、「エベレスト登頂記念」「ゴールド仕様」
 「ハーフサイズモデル」などがありました。

null

最近ボディの価格がこなれてきているのでお求めになられる方も多いですよ。

【Leica R3】
それまでのライカフレックスSLシリーズに変わり、1970年代初頭より始まった
ライツ・ミノルタの技術提携によって開発されたカメラ。
ミノルタ XE-7 をベースにライツとしては初の自動露出機能搭載の
一眼レフカメラ。ドイツ製とポルトガル製の2種類があります。
バリエーションとして、「オリーブ仕様(5000台)」
「オスカーバルナック(ライカカメラを発明した人です)生誕100周年記念 
ゴールド仕様」「モーター仕様」などがありました。

null

5000台のうちの1台。
いまなら手にとってご覧頂けます。
レンズがずれたように見えるのは・・・
気のせいです。
・・・ではなくてですね、「シフトレンズ」といいまして、レンズを「ずらす」ことにより
建物の歪みをなくすという機能があるレンズのことを言います。

カメラの日はマップカメラ1号店地下1階へ是非お起こし下さい。
電話03-3342-3381

[ Category:未分類 | 掲載日時:10年11月26日 16時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP