StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【.etc】歩いていこう!


酷暑と言われた夏が少しずつ遠ざかり、幾分か過ごしやすくなってきた今日この頃。

この半年間、新型コロナウイルスの影響で撮影回数を控えておりましたが、そんな中でも「カメラのおかげで笑顔になれたこと」は数多くありました。

まるでお守りのように肌身離さずカメラを持ち続けたこの半年。

私が見つけた、小さな幸せを綴りたいと思います。

 

 

まず一つ目はこちら。

緊急事態宣言中、いつものスーパーへ買い出しに行った帰りに、急にとてつもない土砂降りに見舞われたことがあります。

仕方なく公園に駆け込み、まるで漫画みたいに木の下で雨宿りをしましたが、びしょぬれになってしまいました。

ところがその少し後、空は綺麗に晴れわたり…。

地面に遺されたのは、素敵な空の贈り物でした。

この写真は何も加工していません。あまりにも綺麗だったので、しばらくこの湖を見つめていました。

水遊びをする子供と、それを見守るお母さん。

久々の外の空気を胸いっぱい吸い込むおじさん。

スマホで写真を撮るお兄さん。

この時は誰しもが笑顔でした。

 

・・・

二つ目はお気に入りの場所が見つかったことです。

X-T4とX-T3の比較記事作成の際、とある場所を訪れました。

何よりもまず人の少ない所で…と考え、選びに選び抜いた場所でした。

目論見はバッチリ当たり、人はほぼ誰もいません。

そう、ここは太古の火山活動によって生まれた、カルデラにある透明度の高い湖です。

 

湖へとまっすぐに伸びる道。オレンジ色の屋根が素敵な建物。こんもりと茂った山々。

子供の頃に読んだピーターラビットの世界を思い出します。

カメラを始めていなければ、このような景色に出会うこともなかったのでしょう。

 

 

・・・

三つ目は、写真を見返す喜びを知れたことです。

普段撮るだけ撮って見返すことがほとんどない私は、この半年で初めてしっかりと自分の写真を見た気がします。

存在を忘れていたような写真もあり、「あの時はこんなところに行ったんだな」としみじみしてしまいました。

静かに役目を待っている観光船を撮りました。

御料車を撮りました。

見知らぬ街を撮りました。

蒸せるような夏空でした。

 

これらの写真は、RAW現像すらされていなかったものです。

家に居ることによって、忘れていた景色をまた思い出すことができました。

普段はあまり現像時にいじることはしないのですが、時間が出来たことによって様々な現像パラメータを試せます。

 

 

・・・

この半年は、カメラのおかげで随分と元気をもらいました。

しかしながら、撮影に出られない悲しさから、「もう手放そう」と思ったこともあります。

でも、どうしてもできなかった。もはや自分の半身みたいなものでした。

 

相棒は今日も、防湿庫のなかで待っています。

好きなことに遠慮せず生きていけるその時を。

 

 

 

 

 

[ Category:Canon etc. FUJIFILM | 掲載日時:20年09月11日 12時00分 ]
10+

RECOMMEND

PAGE TOP