StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【11/30はカメラの日】奇跡のAFマウントアダプター

【11/30はカメラの日】奇跡のAFマウントアダプター

短期集中連載いたしております「カメラの日」ブログ。

本記事では、オートフォーカスが使用できる「マウントアダプター」に注目してご紹介したいと思います。

 

マウントアダプターとは、カメラボディ側のマウントとレンズ側のマウントを変換するためのアクセサリーとなります。

異なるマウント同士を使用することが出来るので、夢のような組み合わせで楽しむことが出来る優れものです。

マウントアダプターの使い方| MAP × Mountadapter (mapcamera.com)

 

少し前までは、マウントアダプター=マニュアルフォーカスが当たり前でした。

マウントアダプターを使用しての撮影は「自己責任」となってしまい、保証は一切ありません。

そのため、少しばかりリスクがユーザーにありました。

 

ですが最近では、メーカー純正からマウントアダプターが発売されております。

メーカー指定の組み合わせで撮影することで、動作が不安定になることが少なく、安心して楽しむことが出来ます。

ミラーレスカメラに一眼レフ用のレンズをつけることができるマウントアダプターです。

Canon EOS R5 + EF-EOS R + Canon EF 35mm F1.4L II USM

『Canon EOS R5』×『Canon EF 35mm F1.4L II USM』 | MAP × Mountadapter (mapcamera.com)

 

Nikon Z6II + Nikon FTZ + AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

Nikon Z6II × AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR  | MAP × Mountadapter (mapcamera.com)

 

SONY α7RⅣ + LA-EA4 + Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM II SAL2470Z2

【新旧共存】SAL・SEL24-70mm【SONY】 | THE MAP TIMES (mapcamera.com)

 

同メーカーのマウント、マウントアダプターを使用するため信頼性が高く、撮りたい瞬間を逃すことがなく撮影できます。

一眼レフ用でしかないあのレンズ・あの焦点距離も、マウントアダプターを使用し、ミラーレスカメラで楽しむことができるのです。

 

また、様々なマウントを発売しているSIGMAも純正マウントアダプターを発売しております。

SONY α7RII  + SIGMA MC-11 +SIGMA A 35mm F1.4 DG HSM(キヤノンEF用)

SONY α7RII × マウントコンバーター MC-11| MAP × Mountadapter (mapcamera.com)

 

サードパーティーレンズも、安心して使用することが出来ます。

「機材を2台持ちしているが、レンズはまだ1マウントしかない」

「予算の関係でマウントアダプターだけを購入し、レンズは所有しているもので撮影したい」

「あの銘レンズを、別マウントのボディで使用したい」

そんな要望に答えてくれる便利なアイテムです。

 

純正ではない組み合わせでも、場合によっては、オートフォーカスを使用することができます。

SONY α7RIV + SIGMA MC-11 + Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 瞳AFでポートレート撮影 | THE MAP TIMES (mapcamera.com)

 

上記の写真の組み合わせは、非公式であるため動作の保証が出来ません。

ですが、このときの撮影でAFは動作し、SONY EボディでCanon EF純正レンズを使用することが出来ました。

店頭でも多くのお客様がキャノンEF純正レンズを使用するために選択されている信頼性の高い「SIGMA MC-11」はおすすめの一品です。

 

最後にご紹介いたしますのが、TECHART(テックアート)「LM-EA7」(ライカMレンズ/ソニーEボディ)です。

世界で初めてマニュアルフォーカスのMマウントレンズでAF撮影を可能にしたマウントアダプターです。

(稼働するのに制限があるものがあります。使用条件を必ず確認してください。)

SONY α7III + TECHART LM-EA7 + LEICA SUMMICRON-M 50mm F2(6bit)

【AF動作テスト】MFレンズでAF撮影が可能に!魔法のマウントアダプターTECHART LM-EA7を試す | THE MAP TIMES (mapcamera.com)

 

独自開発したAF駆動用モーターを搭載し、レンズ側のマウント面を前後に動かしてピントを合わせる仕組みでAF動作を実現しています。

マニュアルフォーカスレンズをオートフォーカスで撮影できてしまうことは、非常に魅力的であり、撮影の表現の幅を広げることが出来ます。

 

いかがでしょうか。

マウントアダプターは夢の組み合わせを実現でき、自身のワガママを聞いてくれる夢のようなアイテムです。

ぜひ皆さまも、オートフォーカスマウントアダプターを使用して、より一層写真を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

[ Category:etc. | 掲載日時:20年11月29日 13時00分 ]
+5

RECOMMEND

PAGE TOP