StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【11/30はカメラの日】~フラッグシップ機「Canon EOS R3」を語る~

【11/30はカメラの日】~フラッグシップ機「Canon EOS R3」を語る~

11/30はカメラの日です。『Konica C35 AF ジャスピンコニカ』という世界初のオートフォーカス(AF)を搭載したカメラが発売された日に由来します。

カメラの原点は約180年前、
35mmサイズのカメラが登場したのが約100年前、AF機能が搭載されて約40年と長い歴史で様々な進化を遂げました。
これからも、我々の想像を超えていく様な進化があるかと思います。
今回はそんなカメラの日にちなんで各メーカーのフラッグシップ機ともいえる一台をご紹介してまいります。
今回ご紹介するのは「Canon EOS R3」です。

最高約30コマ/秒の高速連写と高画質を両立し、「デュアルピクセル CMOS AF II」による、追従性にすぐれた高速・高精度・広範囲なAFを実現したカメラです。
現在ラインナップされているEOS Rシリーズの最上位機種として一眼レフの1Dシリーズと同じく縦位置グリップ一体型のボディになっています。
スペックもさることながら筆者が感動したのはファインダーの見やすさでした。
まるで一眼レフの光学ファインダーを見ているように明るい576万ドットのOLED電子ビューファインダー、最高119.88fpsのリフレッシュレートでなめらか、ミラーレスカメラでこの撮影体験はなかなか味わうことができないと感じました。

メディアはSDカードとCFexpressカード TypeB、ビットレートの高い動画を撮影する際には高速書き込み可能なCFexpressカード、気軽な撮影にはSDカードとコマ割りの効く組み合わせで使いやすいです。

今回はRF50mm F1.2L USMとRF135mm F1.8 L IS USM、RF28-70mm F2L USMを持ち出して撮影しました。

この日は晴れつつも少し靄がかかったような天気で広いダイナミックレンジを持つEOS R3に適したシチュエーションであったと思います。

RF135mm F1.8 L IS USMとEOS R3という贅沢な組み合わせで波を眺めながら撮影。
ピントの精度とボケが非常に綺麗です。

寒空の下、寝ているのか起きているのか絶妙な表情のうさぎ、右上から差し込んでいるのはガラスの壁の反射です。
まるでウサギに光が差し込んでいるようで神々しい姿に見えます。

EOS R3といえば視線入力AFが搭載され話題になりました。
フィルム時代のEOS 5 QDやEOS 3、EOS 7などの機種を使っていた方には懐かしい機能ということもあり、盛り上がった方も多いのではないでしょうか。
実用性はいかに、と筆者も発売した当初は感じていたのですがキャリブレーションを行えばかなり精度も良く新しい撮影体験を得られるため使用する際の楽しみの一つになっています。

階調豊かなセンサーではモノクロ写真も綺麗に描き出してくれます。
霞がかかった富士山とフリップ系の技を決めるスケートボーダー、どちらも決定的瞬間ですがこのカメラがあったからこそ残せたのではないかと思います。
必要な箇所に必要なボタンがあり、必要な機能を呼び出せる。それが縦に持ち替えた時にもストレスなく行えるのが最上位機種の条件であると思っています。

最上位機種だからといって何か難しい機能や設定が必要ということはなく、一眼レフの頃から脈々と受け継がれているEOSの良さ、シンプルに被写体に向き合い必要に応じて機能にアクセスすることができる、まさにフラッグシップモデルといえるEOS R3を語ってみました。
ぜひ手に取って使っていただきたい一台です。

これからも新しい機能を備えたカメラが続々と登場してくることでしょう。
しかし今回ご紹介したフラッグシップ機は、時代を代表する銘機として色褪せることなく輝き続けます。
マップカメラではそんな銘機たちを多数取り揃えております。
実際にお手に取って試されるも良し、今回のものを含めご用意した様々なブログや作例をご参考にされるも良し。
この機会に是非マップカメラをご利用いただき、お客様にとって最高の相棒を見つけ出してください。

2023年現在、CanonではENJOY CAMERA キャッシュバッキャンペーンを開催中!ぜひこの機会に! マップカメラならWEB購入で新品2年保証付き。さらにお得です!


[ Category:Canon | 掲載日時:23年11月29日 17時01分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

UsedSpecialPrice 中古全ポイント5倍_202402

RECOMMEND

PAGE TOP