StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Canon】あのレンズで部屋撮りを楽しむ その3

今回紹介するレンズはこちら
CanonのLレンズ「EF50mm F1.2L USM」です。

室内でも気軽に撮影が楽しめる開放F1.2のレンズ。
かなり大きめのレンズですが、非常に美しいボケが楽しめるレンズです。


今回はコントロールリング無しの「マウントアダプター EF-EOS R」
コントロールリング付きのものより若干スマートな外観です。
EF50mmF1.2Lは大口径のレンズなので、装着するとやや窄んだ状態になります。

 

外観はそこまで大きく窄みませんが、590gの重さがずっしりと左手にかかります。
私個人はそこまで気にしない重みです。

 

上から見るとラッパ状の組み合わせがはっきりわかります。
レンズとアダプターのデザインのが違ったものですので、こうしてみるとやや違和感を感じます。
しかし、操作面は全く問題無し。AFも問題なく使用できました。

 

 

 

 


EF50mmF1.2Lの最短距離0.45m(アダプター未使用の場合)なので、
マクロレンズのように接近は出来ませんが、美しいボケ味は変わらず楽しめます。
2006年に発売されたレンズですが、今でも現役で楽しめるレンズです。

 

 

[ Category:Canon | 掲載日時:21年02月04日 18時58分 ]
5+

RECOMMEND

PAGE TOP