StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】コンパクトを楽しもう『PowerShot G1X Mark III』編

【Canon】コンパクトを楽しもう『PowerShot G1X Mark III』編

『コンパクト』とは、「小さくまとまっており、ギッシリと詰まっている様子」を意味する単語です。
この単語は様々な製品にこの単語が使われています。

もちろんカメラも例外ではありません。
フィルムカメラが主だった時代では「コンパクトカメラ(コンパクトフイルムカメラ)」、
デジタルカメラが広く普及している現在では「コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)」が
「コンパクト」の名を冠して普及されています。

技術の向上により、デジタルカメラの性能が伸びると同時に、
カメラメーカー各社が販売しているコンパクトデジタルカメラの性能もあがり、
「スマホで十分!」と言わせない、写真撮影に興味を持ったユーザーを
納得させるようなコンパクトデジタルカメラが次々と登場しています。

この記事では『コンパクトデジタルカメラ』を実際に使ってみた使用感を紹介します。

今回のコンパクトデジタルカメラは『Canon PowerShot G1X Mark III』

2017年11月に発売されたCanonのPowerShotシリーズです。
EOS M6やEOS 80Dに搭載されているCOMSセンサーを採用しており、
1.5型CMOSセンサーを採用していた『Canon PowerShot G1X Mark II』よりも大きなセンサーとなっています。

『Canon PowerShot G1X Mark II』との大きな違いは
センサーの他にもEVFファインダーが搭載されたことです。
ファインダーを多用するユーザーにはうれしいです。

『Canon PowerShot G1X Mark III』はMarkIIよりもEVF分等身が高いですが、
重さは約550gのMarkIIに対し、約400gの重さになっており、
APS-C機でありながら小型軽量のカメラです。
EOS R6 MarkIIよりも一回り小さい大きさ。スナップショットに持ち出すにの邪魔になりにくい大きさです。

35mm換算で24-72mm相当のズーム操作が可能です。

レンズ周りに搭載されているスムーズリングは、設定で様々な機能に割り当てることができ、
今回はシームレスズームに割り当てて撮影していました。
ファインダーを覗きながらの操作では、ズームレバーよりも感覚的に調節できました。

ここからは実際に本機を使用して撮影した写真を紹介します。

いかがでしたでしょうか。

『Canon PowerShot G1X Mark II』の後継機に当たる『Canon PowerShot G1X Mark III』。
性能が向上し、更に期待に応えられるコンパクトデジタルカメラになりました。
使用するコンデジにお困りの方は是非とも検討していただければ幸いです。
それでは、次回の「コンパクトを楽しもう」をお楽しみに!

[ Category:Canon | 掲載日時:23年09月22日 17時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 創業祭フォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP