【Canon】マクロレンズで水滴を撮る

【Canon】マクロレンズで水滴を撮る

暖かく良い季節になってきたのですが、巣篭る日々が続きます。

自宅で何か撮れるものはないだろうか?と考え、

何かと使用頻度が一番高いマクロレンズで水滴を撮ってみることにしました。

 

【使用機材】

・Canon EOS 5D Mark III

・EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

・スピードライト 430EX III-RT

・スピードライトトランスミッター ST-E3-RT

・リモートコントローラーRC-6

 

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

カメラを三脚に据え、然るべき場所にスピードライトを設置したら、

1:なみなみと水が張っているコップを目掛けてスポイトで水を垂らす。

2:程よいと思うところでリモートコントローラーを押す。

この動作を繰り返すだけなのですが、中々どうして思い通りにはいかないものです。

幾度ものトライ&エラーを繰り返し、徐々に水面を跳ねる水が撮れてきました。

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

水の動きは面白いもので、何枚撮っても、全く同じ写真になるということはありません。

水面に落ちた水滴は一度沈下した後に、引力に逆らい再び浮上する。

マクロレンズで撮影することによってダイナミックで躍動感のある写真が撮れたと思います。

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

完全な冠の形…とはいきませんが、若干それっぽく撮れたのもありました。

精度を高めて完全な冠の形の水滴を撮れるように、今後も室内でのマクロ撮影は続けて行こうと思います。

 

 

 

 




 


 


[ Category:Canon | 掲載日時:20年05月24日 11時00分 ]
4+

NEW POST

MORE
PAGE TOP