StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】中古EOS Rシリーズは今が買い時!~EOS R6と憧れのカールツァイス 編~

【Canon】中古EOS Rシリーズは今が買い時!~EOS R6と憧れのカールツァイス 編~

2022年12月15日、キヤノンから「あたらしいオールラウンダー」なミラーレスカメラ「EOS R6 Mark II」が発売されます。
この時期になると新製品を購入しようか、既存のRシリーズを選ぼうか、どうしよう…と悩まれる方も多くいらっしゃるかと思います。

特にEOS R6 Mark IIの登場後は、前モデルからお買い替えされる方もたくさんいらっしゃいます。
同じくオールラウンダーに位置づけられるモデルでEOS R6やEOS Rのお求めやすい中古が豊富な在庫からお選びいただけるようになりお得。
新製品が登場した今が中古の買い時です!

そこで今回の連載ブログでは、現在発売されているRシリーズのカメラにスポットを当てて、購入を検討されている方や今現在使用されている方にもお楽しみいただけるよう、キヤノンフロアスタッフが実際に触れて良かったおすすめ機材をさまざまな組み合わせ、使い方でご紹介いたします。

さて、今回ご紹介するおすすめ機材はこちらです!


Canon EOS R6とCarl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 ZEです。

筆者は普段使いにEOS R6とRF24-105mm F4L IS USMという汎用性が高い定番の組み合わせを使用していますが、カーツァイスレンズの描写と金属鏡胴のマニュアルフォーカスレンズでじっくりとピントを合わせて撮影することに憧れを抱いておりました。
2022年12月現在、カールツァイスレンズにRFマウントはありませんが、EFマウントをマウントアダプター EF-EOS Rに装着することで使用することが可能です。


今回はカールツァイスレンズの数あるラインナップの中からPlanar T* 50mm F1.4 ZEを選びました。
1896年に天才的な数学者パウル・ルドルフが生み出した「プラナー」。
中でも代表格ともいえるPlanar T* 50mm F1.4 ZEは、カメラ好きなら誰しもが知る伝説的なレンズと言っても過言ではありません。


まずは絞り開放での撮影。あえて太陽の光を受けてフレア・ゴーストを発生させました。
最新設計のRFマウントは逆光耐性といったレンズ性能が優秀ゆえに、ふわっとした優しい雰囲気の画を撮りたい方にはPlanar T* 50mm F1.4 ZEやオールドレンズの使用がおすすめです。


朝顔の背景にあるフェンスがとろっと蕩けました。明るいレンズを開放で撮るとピントの山が掴みにくいところはありますが、よくボケるので撮っていてとても楽しいです。


このレンズの好きなところは光の表現力です。繊細で空気感を味わえる心地よい写りをします。


ふわっとした優しい写りも良いですが、絞るとしっかり解像感のある写真が撮れます。
収まりの良いコンパクトなサイズ感でお散歩カメラにも最適です。


カールツァイスレンズのOtusやMilvusといったシリーズでは数十万円する高価なものが多いです。
しかしその中でもClassicシリーズのPlanar T* 50mm F1.4 ZEは標準域の画角で明るいレンズでありながら低価格帯で手に入れられるところが魅力的です。
またEOS R6に装着して撮影するメリットとして、カメラ側に手ブレ補正が搭載されているので低速シャッターや動画撮影時の恩恵を受けられること。
そしてキヤノンの鮮やかさとカールツァイスレンズの高コントラストで美しい発色がきれいに調和していてとても相性が良いと感じられます。


今回は写りの比較として普段使いしているRF24-105mm F4L IS USMで撮影した写真を用意しました。
最新設計のレンズはやはり解像力が高く、被写体の細部がよく表現されています。

EOS R6は約2010万画素のセンサーを搭載しており、最新カメラのスペックに比べるとやや低画素に感じてしまうかもしれませんが、この画素数だからこそ1日中さまざまなシーンで活躍できるカメラです。
低ISO感度での良好な細部の描写、鮮やかな発色と自然な陰影表現はもちろんのこと、常用ISO感度で100~102400を実現するR6は夜景など暗所の撮影性能にも評判が高く低ノイズで高画質な写真を堪能できます。
またフラグシップと同等のセンサーを搭載し、高速連写、高速撮影も難なくこなす万能ボディとして安定した人気を誇るEOS R6ですが、ここ最近は中古が手に入れやすい価格帯になってきました。
まさに今が中古の買い時!
R6の購入を検討されている方はぜひ要チェックです。

キヤノンフロアスタッフが選ぶおすすめ機材、今後もさまざまな組み合わせでカメラやレンズをご紹介してまいります。
また次回もお楽しみに!

◆ 今回使用した機材はこちら ◆

◆ 今回使用した“EOS R6”は、便利なズームレンズがついたキット販売もございます ◆

[ Category:Canon Carl Zeiss & Voigtlander | 掲載日時:22年12月10日 17時17分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP