StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】初心者でもカメラ1つでお洒落なVLOGが作れる、3つのコツ

【Canon】初心者でもカメラ1つでお洒落なVLOGが作れる、3つのコツ

動画と聞くと、ハードルが高いような気がします。

フレームレートにビットレート、外部レコーダーにSDI、XLRケーブルやカラーグレーディング…。

もはや勉強量が夏休みの宿題のようです。

おまけにジンバルも持ってないし、高価な動画編集ソフトなんか持ってないし、ましてやアシスタントなんていないし…。

出来るだけ簡単に、お洒落な動画は作れないものか。

そんな事を考えつつ、以前とりだめた素材を使って、人生初めての動画制作に挑戦してみました。

 

今回はストーリー仕立てにしてみたかったので、何となく日常っぽいシーンから始めてみました。

まずは動画をご覧ください。

 

 

壁にぶつかりながら色々な事を模索していく中で、学んだコツをシェアいたします。

 

 

出来るだけ簡単に動画を仕上げるためには、後編集などの手間を減らすことが大事でした。

カラーグレーディングを行ってじっくりと煮詰めていかずとも、

海や空、夕焼けを撮る時にはホワイトバランスを晴天にし、ビビッドモード(高彩度)にしておく。

路地裏などを撮る時にはコントラストを少し上げ、彩度を落として撮影する。

人を撮る時には逆光で明るく撮っておく。(フレアやゴーストは積極的に出しましょう!)

等でそれっぽい雰囲気が作れます。

撮影時にこれらの設定をするのも5秒もあればできますし、面倒であればオートモードでも十分綺麗に撮れます。

 

 

海も、山も、街も、人間の世界にはいたるところに手すりがあります。

軽いコンデジやミラーレスにコンパクト三脚を付けっぱなしにして首から下げておけば、三脚の足を開くだけですぐに手すりに置いて定点撮影ができます。

2秒もあればブレない定点動画が撮り始められるわけです。

このコンパクト三脚は、強度よりも軽さが大事!

ストラップで首から下げたまま手すりに置くので、万が一の時もカメラは地面に落ちませんし…。

それなら軽い方が良いでしょう!翌日の仕事に首が凝ったまま行きたくはありません。

 

 

映画などではお馴染みの、上下の黒い帯(シネマスコープ(シネスコ)とも言います)。

動画の最初からこれを付けっぱなしでも良いのですが、出来れば盛り上がるところで登場させたいところ。

曲で言えば、サビで登場するイメージです。

こうすることで、「ここが見せたかったんだな」という事が視聴者に伝わりやすくなります。

今回の動画では、場面転換で曲が始まる際に黒帯を下げ、思い切って白帯を入れました。

更に、右下にクルクル回る「ステータスアイコン」をPhotoshopで作って出しています。

 

 

最後になりますが、一番“効く”コツは

「動画全体の3割地点に、盛り上がるポイントを置く」

だと思いました。

セミナー講師のプログラムや、歌手のCDアルバムなどでも、大体のものに「全体の3割進んだら、盛り上がる」という仕掛けがあります。

これを動画にも使う事で、視聴者の離脱率を下げることが出来るかもしれません。

 

 

ー今回の課題ー

「歩きながら撮影したシーンでは、ブレが凄い」

「手でカメラを振った場面では、カクカクする」

PowerShot G1X Mark III には5軸手振れ補正が備わっており、キヤノンのホームページにも「歩き撮りに効果的」と記載があります。しかしながら実際に撮ってみると、やはりブレや不自然な動きが気になりました。

(歩き撮りのシーンが短ければ、視聴者が酔う前に次のシーンに切り替わるので一応何とかなります。)

これらはジンバルの導入で解決できますが、「カメラひとつの気ままな旅」が好きな筆者にとって、荷物が増えるのは避けたいもの。

良いやり方が無いか、これからも模索してみます。

 

本当に言いたかったことを、最後にもう一度だけ…。

ーあなたも、海にでかけませんかー

 

[ Category:Canon | 掲載日時:21年02月16日 13時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP
 

RECOMMEND

PAGE TOP