StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました!

Canon EOS R5

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。

「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。

EOS R5

Canon EOS R5

2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の実現を目指しているとのこと。

さらにデュアルスロット化や、キヤノン初となるボディ内手ブレ補正機構とRFレンズのレンズ内手ブレ補正機構の双方を協調制御する方式の採用など、望遠レンズで高速連写を必要とするスポーツ撮影派には嬉しい機能進化となっています。

加えて、8K動画撮影が可能になります。撮影した動画からは高精細な静止画の切り出しや、より高画質な4K動画に加工でき、映像表現の幅が広がります。

また、カメラからクラウドプラットフォーム”image.canon”(2020年4月上旬開始予定)への画像自動転送機能を搭載する予定で画像の共有もスムーズになります。

RFレンズ

Canon RF 100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon エクステンダー RF1.4× / RF2x

RFレンズは9種類の開発が公表されましたが、今回その概要が明らかになったのは「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と、2本のエクステンダー 「RF1.4×」、「RF2×」の3本です。

既に発売済みのRFレンズ10本と、4月中旬発売予定の「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」と合わせ、計18本のレンズと2本のエクステンダー によるラインナップが2020年中に形成される予定です。

マップカメラでは今後も新たな情報が入り次第、随時情報を更新してまいります。さらなる充実期を迎えようとする「EOS Rシステム」にご期待ください。

2020年注目の「Canon EOS R SYSTEM」

フルサイズデビュー

[ Category:Canon | 掲載日時:20年02月14日 17時36分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP