StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Canon】黄金の「s」バッジ。EOS 1Ds MarkIII

 ― EOS 1Ds MarkIII ― 

“s”の称号を与えられた最後の雄。

35mmフルサイズセンサーの搭載された、かつての旗艦機だ。


抜けるような秋晴れの青空。
大きめのカメラをスナップの相棒にする事への心配は、
ひとたびシャッターを切ったとたん、杞憂に終わった。


手にカシャっと伝わってくるレスポンスの早いシャッター音が「1D」という至高の存在たる所以を物語る。


スナップ写真を撮りに出掛けるには少々、仰々しいようではあるが、
握りやすく、身体と一体化したようなこのカメラを握りしめ路地へとくり出す。


本体だけでも1.2kg以上あるEOS 1Ds MarkⅢ。ずっしりと重みを感じるボディではあるが、
しっかりとホールドすることが出来るグリップや、プロの現場で培われた高い操作性、
広いファインダー、これらが高い次元で融合し、構えてみると不思議とその重さは感じない。


まさに人馬一体ならぬ「人写一体」といったところであろうか。
撮るという欲求を駆り立てる何かが、この「1Ds MarkⅢ」から感じられるのだ。


最強のカメラ「1DX」が頂点に君臨している現在、
敢えて「1Ds」を選ぶ理由はどこにあるのであろう。


手に取ってみれば、「1Ds、まだまだやるな。」 ―そう思うはずである。
例えば、ひと世代前のシンプルなメニュー画面は、
私のような、ハイテクにこれといった強い拘りのない人間を、
撮ることに集中させてくれる。


出てくる画も、いい意味で今のキヤノンとはちょっと違う。
発色が素直で、幾分すっきりしているような色の出方だなぁと感じるシーンがあった。
トーンの落ち着いた、反射光が回っているような場所。
そんな環境で光をとらえる時、1Dsの旨味を活かすことが出来た。

連写性能こそ高くはないものの、1枚1枚丁寧な作品づくりをされる方に
この「EOS 1Ds MarkⅢ」は最適なカメラではないでしょうか。
キラリと光るゴールドの「Ds」バッジが目印です。

在庫多数ございます。
是非一度、このカメラの操作性を体感されてはいかがでしょうか。

Lレンズ標準ズームの王道。フルサイズのカメラで使えば、
望遠側105mmという焦点距離の有用性が実感できます。便利!
今回EOS 1Ds MarkⅢと共に使用したレンズがこちら↓

〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon | 掲載日時:14年11月06日 19時45分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP