StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】APS-Cで感じていた不満を、全て解消した大満足のフルサイズ機。

【Canon】APS-Cで感じていた不満を、全て解消した大満足のフルサイズ機。

去る2024年2月。
惜しまれつつも生産完了となった私の愛機EOS 6D Mark IIは、フルサイズ一眼レフのエントリー機として沢山の人に愛されてきました。
10万円代前半で購入できることもあり、中古商品は今でも人気を集めています。

私はこのカメラを購入する前、EOS 60DというAPS-Cの一眼レフを使っていました。2010年発売の、1800万画素CMOSセンサーを搭載した中級機です。
低感度で撮影しても暗部にノイズが乗る事が気になっており、「もう少し綺麗に撮れないか」と悩んでいたところ、「6DのMark IIが発売するって!」とカメラ仲間から聞いて飛びついたのでした。

買い換えの結果は大満足!
それまで9個しかなかったAFポイントが45個に増えたため、構図の自由度が増しました。
気になっていたノイズも大きく減り、彩度や明度をいじっても破綻しづらくなったため、画像編集もはかどります。
とりわけフルサイズ一眼レフならではのファインダーの大きさには感動を覚えました。
それまでAPS-Cの小さなファインダーしか覗いてこなかったため、まるで大きな部屋に引っ越したかのような解放感を感じ大喜びしたことを覚えています。

 

そのファインダーですが、透過型の液晶を配置している為、様々な情報をファインダー内に表示できます。
風景撮影では、傾きの度合いをドットの数で表してくれる水準器が大活躍!これを見ながら撮影すれば、水平が取れずに失敗することはありません。
更にグリッド(格子)も出せるので、黄金分割やシビアな構図決めに役立ちます。

測光をスポットにすれば測光範囲がサークルで示されますし、果てはバッテリー残量や現在の撮影モード、フリッカーの有無まで表示できます。
素通し像の光学ファインダーに様々な情報が表示されるその様は、まるで戦闘機のヘッドアップディスプレイのよう。
カメラと一体になって被写体を狙う高揚感が味わえます。

ファインダーを覗きづらい被写体には、バリアングルディスプレイが大活躍します。
パカッと広げてタッチで撮影、気分はもはやスマートフォン。
誤動作が怖い場合はタッチ操作を切る事も出来ますし、「シャッターを切らずAF動作のみをさせる」等も設定可能。
勿論メニュー操作もタッチで可能です!!
物理ダイヤルとタッチ操作を併用すれば、すさまじい速度で設定を変更することも可能です。

ライブビューでの撮影では、デュアルピクセルCMOS AFによる高速AFのおかげでテンポよくシャッターが切れます。
その構造上、横一文字の被写体(水平線など)にはピントが合わないこともありますが、ほとんどのシーンでファインダーと同等以上の合焦精度を誇ります。
開放f値の小さい大口径単焦点(例えばEF85mm F1.2L II USM等)でも、バシバシとピントを決めてくれるのは頼もしいの一言。
現行のRシリーズのように「スポット一点AF」が出来ず、AF枠が大きいため「ピンポイントで合わせる事は苦手なのでは?」と心配になりますが、そんなことはありません。
AF枠の中に対象物が何個か存在していても、自分が「合わせたい」と思ったところにピントが合うのです。このあたりは何か良いアルゴリズムが組まれているのかもしれません。
6D MarkII七不思議のひとつです。

露出決定が難しい場所では、オートライティングオプティマイザが良い具合にコントラストや明るさを調整してくれるので安心です。
普段から入れっぱなしにしておきたい機能の1つ。
これがあれば安心して薄暗いシーンに挑めます。


一見黒つぶれを起こしているような場所でも、しっかりと情報が残りました。
暮れなずむ町の微妙な濃淡を見事に再現しています。
現行商品のEOS RPが本機と同じセンサーを搭載していることを鑑みても、2024年現在でも十分に通用する画質だと思います。


多くの人が好ましいと感じる色やコントラストで写真を仕上げてくれるEOS 6D Mark II。
カメラを始めたてで「どんな写真が好みかわからない」といった方にも安心しておすすめできます。
メインとなる被写体が風景や町のスナップであれば、ミラーレス機との性能差も大きく響きません。
むしろ高額なボディを買う場合との差額で、良いLレンズを買って楽しむ選択肢もありだと思います。

自分が愛用しているカメラが生産完了になるのは寂しいものですが、私自身いつまでもこのカメラを使っていきたいと思っていますし、気になっているお客様には自信を持っておすすめできます。

1枚1枚を大切に、本気で写真を楽しむ。
そんなあなたのそばにEOS 6D Mark IIがいてくれたら、私は本望です。

▼EOS 6D Mark IIの中古在庫はこちら▼

▼今回使用したレンズはこちら。
新品の場合は、当社インターネットサイトでご購入いただくと【ネット限定 マップカメラ2年保証対象】です!▼

▼今回使用したレンズにおすすめの保護フィルター・予備バッテリーを添えて▼

[ Category:Canon | 掲載日時:24年04月06日 17時01分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古ポイント5倍(延長) 素敵なカメラのはじめかた

RECOMMEND

PAGE TOP