StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USM

冬の寒気が身にしみる頃となりました。そんな中今回は12月中旬に【Canon】EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS
USMを使用し紅葉の静止画と動画を撮影してまいりましたので紹介させていただきます。
早速ですがこちらの動画をご覧ください。

今回はジンバル無しでの撮影だったのですが大きく手ブレすることなく撮影することができたかと思います。
EOS R5では8K30Pや4K120Pを記録することができます。今回は4K60Pにて撮影してきました。
また4K60Pではクロップをする、しないを選ぶことができます。今回はクロップなしで撮影をしたのですが、撮影状況によってクロップして撮影し、画質を大きく落とすことなく撮影できるのは高画素機の魅力でもあります。

雨が上がってきたころに水たまりを見つけたので水たまりに浮かぶ紅葉を撮ってみました。

この日は天候が雨もパラパラ降っていたので空いていました。所々に紅葉が残っていたのでそこを見つけて撮影していきました。

 

気が付くとこの日は水に浮かぶ紅葉ばかり撮っていました。EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USMの組み合わせにより約8段分の手振れ補正の効果が得られることにより少し暗いシーンでも手振れを気にすることなく撮影することができました。

屋根の上に銀杏が乗っていて周りも紅葉していたのでとても色鮮やかな一枚が撮れました。

今回訪れた時期が見頃の時期を過ぎてしまっていたので来年ここに訪れる際には見頃の時期に行ってみたいと感じました。EOS R5とRF24-70mm F2.8 L IS USMのセットは様々なシーンに対応できるため非常に重宝しています。今回の短い間での撮影でもその力を発揮してくれました。レンズを交換する手間が省けたので撮りたいシーンを逃すことなく撮影出来ました。
特に新品と中古の価格差がでてきた今この時期にEOS R5を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

[ Category:Canon | 掲載日時:22年12月28日 16時31分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP