StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】EOS R5 Cの説明書 Vol.3 使ってみた編

Canon伝統の「5」を冠した最高峰の実用機EOS R5と動画制作機の雄、シネマEOSのボディが合体したまさに夢のカメラ、EOS R5 C
しかし業務用の部分が多い反面使用レビューなども少なく、検討されている方も導入に悩むことも多いのではないでしょうか。
今回は江戸時代の蘭学者、杉田玄白が日本語に訳した医学書「解体新書」の如くじっくりとEOS R5Cについて解説していきたいと思います。
敷居が高いと思われがちなシネマEOSですが、編集を前提とした撮影においては非常に使いやすく細かな設定ができるため今から映像制作を始めたいという方にもおすすめな一台です。

・・・

Vol.1ではEOS R5Cの使い方、Vol.2ではスチル撮影についてをご紹介いたしました。
そして今回Vol.3は、「EOS R5C」を使ってみた編です!


今回使用する組み合わせは以下のとおりです。

Canon (キヤノン) EOS R5 C
Canon (キヤノン) RF70-200mm F4 L IS USM
SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 400-II
K&F Concept (ケーアンドエフ・コンセプト) NANO-X バリアブル NDフィルター 77mm 減光範囲ND2-ND400 KF-NNDX77

映像制作機器として知られているEOS R5Cですが、お仕事でスタジオや撮影現場の使用用途だけではなく、
個人の趣味や映像の作品制作としても高いクオリティの動画・スチル撮影を楽しんでいただけるカメラです。

今回の舞台は動物園。
動物好きの筆者が、動物園へ赴きアニマルムービーを撮影してまいりました。

バッテリーの消耗が早いという事前情報を得ていたため、この日は予備バッテリーを含めて全部で3個用意しました。
動画撮影を開始してからモニター越しに可愛らしい動物たちの動きに夢中になっていると、ものの30分程度でバッテリーの残量が赤表示に変わってしまいました。
この間、数十秒~数分程度の動画をこまめに撮影したり、スチル撮影モードに切り替えて数枚程度を単写で撮影しております。
動画撮影中はカメラの側面に備わっている放熱ファンが静かに稼働し、本体が温度上昇で熱くなることはございませんでした。

実際の撮影時間は2時間未満であっという間にバッテリーを3個消費してしまいました。
快適かつ高性能な動画撮影を行うためにバッテリーの消耗も早いことがわかります。

今回の動画はLog撮影を行い、動画編集ソフトを用いてLUTのプリセットを使用して簡単なカラーグレーディングをしております。


今度はスチル撮影モードに切り替えてアニマル撮影を行いました。
静止画時は最大約4500万の高画素でモノの細部まで精細な画づくりが楽しめます。
両翼を広げて可愛らしいペンギンの毛並みもリアリティーのある描写に仕上げてくれます。


キリンの毛並みや口の厚み、傍にある樹木などの質感もとてもリアルです。
実際に触れたことはありませんが、こんな感触はしそう…となんだか想像力が膨らみます。


ハシビロコウのガラス玉のような丸い瞳も綺麗に写ります。

動画も静止もハイクオリティな仕上がりになる「EOS R5C」
どちらのクオリティも譲れないという方にはぴったりなカメラではないでしょうか。

・・・

現在、一眼レフからのお買い換えや新規購入を検討している方に嬉しいお知らせ!
2023年2月10日より「EOS R5C」や「RF70-200mm F4 L IS USM」など合計18製品を対象にメーカーキャッシュバックキャンペーンが開催されております。

対象購入期間中に対象商品を購入し、応募した方全員に指定金額分がギフトカードで還元されます。
キャンペーン開催までもうすぐ!EOS R5Cは3万円キャッシュバック対象に入っていますので、お得に購入することができるこのチャンスをお見逃しなく!

◆ 今回使用した機材はこちら ◆

[ Category:Canon | 掲載日時:23年03月28日 17時17分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP