StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】EOS R8を持って春を歩く

春を感じるようになって久しいです。気温の上昇にともない人、植物、そして動物などあらゆるものがますます活発に動くのを感じる今日この頃です。そんな目の前に広がるにぎやかな光景は、写真撮影をする上でも楽しい瞬間の連続です。

今回ご紹介する写真は4月の下旬、Canon EOS R8とRF100-400mm F5.6-8 IS USMの組み合わせで埼玉県の入間川遊歩道を歩いた時のものです。この日は朝から弱い雨が降っていたので心配しましたが、運よく撮影場所に着く頃には止んでくれました。

自宅の最寄り駅から電車で数駅いったところにある入間川沿いにのびる遊歩道です。前回ここを訪れた時は桜が満開でした。今回もまた、赤いつつじが新緑の広がる木々にアクセントを加えていて、春らしい素敵な景色を見ることができました。広角端の100mmで撮った風景写真ですが、この場所で使うのにぴったりの画角でした。

 

EOS R8といえば、EOS R6 Mark IIの基本性能を搭載して、小型軽量を実現したフルサイズミラーレスカメラです。イメージセンサーと画像処理エンジンが一緒なので、同じ画質が得られるのが嬉しいところです。ボディ内手振れ補正はなく、その分重量が軽くなっています。R6 Mark IIに比べ、約180g軽いのは大いに魅力的です。

 

遊歩道のある土手を下りて草むらにきてみました。野鳥が遊んでいるところを見ることができればと期待しましたが、この時は鳴き声が聞こえるだけでした。

とりあえず鉄橋を通過する鉄道を撮って、遊歩道に戻りました。

 

遊歩道に戻って歩き始めると間もなく、近くで野鳥の鳴き声がするのが聞こえてきました。音のする方に視線を向けると、メジロが2~3羽元気に遊んでいました。背景がこの季節ならではの色をしていて気に入っています。

ちなみに今回ご紹介する野鳥の写真はすべてクロップモードで撮影しています。

 

ヒヨドリをカッコよく撮れました。季節感も出ていて気に入っています。

 

コゲラが遊んでいるところに出くわしました。顔が影になっていたので不自然になりすぎない程度にパソコンで少しハイライトを持ち上げています。可愛い顔をしています。私のお気に入りの野鳥です。

 

最後に今回の写真のなかで一番のお気に入りショットです。つつじの花にミツバチが遊びに来ているところを収めました。野鳥を撮っているときも感じましたが、R8はオートフォーカスの被写体を認識する能力の高いカメラだと思いました。

フルサイズミラーレスカメラEOS R8は小型軽量に加え高画質をも楽しめるので、どこに行くにも持ち歩きたくなるカメラです。ただ、ボディがコンパクトな分、バッテリーも小さいです。撮影が楽しくなってくると必然的に撮影枚数も増えていくので、予備バッテリーはあったほうが良いと思います。

この日は遊歩道を散歩する人、釣りをする人、そして向こう岸ではサッカーや野球をする子供たちなど、春の週末を楽しむ姿を見ることができました。私自身もお気に入りの遊歩道で何度もシャッターチャンスに恵まれるなど、楽しい時間を過ごすことができました。

 

今回使用した組み合わせです。 新品商品は当社インターネットサイトからのご注文で【ネット限定 マップカメラ2年保証対象】です。

中古商品はこちらからご覧ください。

[ Category:Canon Carl Zeiss & Voigtlander | 掲載日時:24年05月26日 17時01分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 創業祭フォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP