StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】EOS RPだから気づけた、世界に光が射していること

【Canon】EOS RPだから気づけた、世界に光が射していること

暑い、暑い季節がやって来ようとしています。

マスクが取れないまま2020年は走り過ぎ、何食わぬ顔で巡り来たる今年の夏。

去年に引き続き、熱中症に注意する必要がありそうです。

 

もちろんそんな中、大柄な機材を抱えて遠出するのは現実的ではありません。

だというのに私といえば、カメラとレンズで1キロを割る機材を持っていないのです(そもそもレンズだけで1キロを超えている…)。

元々遠出が大好きで、「憧れの地に行くために」なら重量級なセットを持ち運ぶのも苦になりませんでしたが、近所のお散歩では流石に気合が入りません。

 

そうすると中々日の光を浴びることが無くなってしまい、気のせいか不健康になった気も…。

これではいけません。

よっしゃと防湿庫を見ると、相棒と目が合います。

EOS 6D Mark II:「一緒に行くかい?」

 

いいや、君はおるすばんさ…。

 

 

・・・

前置きが長くなりましたが、今回主役の機材はEOS RPです。

このカメラ、非常にコンパクトながらEOS 6D Mark IIと同じ画素数のセンサーを搭載し、画像エンジンは一世代新しくなったDIGIC8をセット。

一眼レフ愛好者である私は、ミラーレスという事で今まで触手が動きませんでしたが、夏の到来を機に購入してみることにしました。

これは、そんなEOS RPとの初めての散歩の記録です。

 

EOS RP+RF35mm F1.8 マクロ IS STM

普段近場を歩くことは無いのですが、改めて目を凝らしてみると素敵なお店がちらほら。

駅とスーパーと牛丼チェーンしか無い街だと思っていましたが、お洒落な所に目を向けていなかっただけのようです。

徒歩移動は疲れるのであまり好きではないのですが、小さなカメラとの散歩がちょっとだけ楽しくなってきました。

 

 

EOS RP+RF85mm F2 マクロ IS STM

物語のかぐや姫に出てきそうな竹林を抜けると、小さなカフェを発見。

もう久しくゲームや動画しか見ていなかった目には、新緑が眩しく写ります。

 

 

EOS RP+RF85mm F2 マクロ IS STM

歩き疲れて木陰の道に入って一休みしていると、可愛い黄色の車が止まっていました。

何という車なのでしょうか。ドライブしたら楽しそうです。

 

 

EOS RP+RF85mm F2 マクロ IS STM

あ!古いポストだ!

この頃になると、もう街歩きに夢中です。まるで見知らぬ地にでも来たかのように、あっちへふらふら、こっちへふらふらと撮り歩きました。

 

 

EOS RP+RF35mm F1.8 マクロ IS STM

そうこうしているうちに道に迷い、「はてここは何処だろう」と顔を上げるとまた素敵。

住宅地に突如あらわれたこのお店は、文房具屋さんでしょうか。

本当は入ってみたかったのですが、お財布の中に現金を持たなくなって久しいので次の機会に…。

 

 

 

思いのほか大満足となった散歩を切り上げようと帰路に就くと、「ギューイ・ギューイ」と大きな声が聞こえてくるではないですか。

何事かと声のする方に歩いていくと、民家の前にちょっとした人だかりができています。

皆に倣って頭上を見上げると、オナガと言われる、全長35cm程の鳥がカラスと睨み合っていました。

EOS RP+RF85mm F2 マクロ IS STM

隣にいた子連れのお父さんが、「今大変なんですよ。カラスがあの鳥の巣を襲いに来て、必死で戦ってるんです」と教えてくれました。

肉眼でよく見ると、オナガの体毛が所々毛羽立っており、カラスから猛攻を受けていることを物語っています。

巣があるということは、子供がいるということ。

そこが襲われるということは、つまり…。

小さな鳥なのに、私でさえたじろぐ様な気迫を感じるのは、刺し違えてでも子供を守りたいという思いがあるからでしょうか。

「人だかり」は一様に険しい顔で、無言でオナガを応援していました。

 

 

EOS RP+RF85mm F2 マクロ IS STM

数分間に及ぶ睨み合いの末、カラスがふと向きを変えました。

一瞬の出来事でしたが、小さな怒りはその隙を見逃さなかった。ついにオナガが攻撃を仕掛けたのです。

飛び立った後も敵を追い、巣から引き離していきます。

これを最後に、カラスはもう戻ってきませんでした。

 

・・・

今回の散歩は、自宅からたった数分の距離。

自分にとって「駅と家を徒歩で往復する為に地面がある場所」程度の街だったのに、

楽しくて綺麗なお店に美しい竹林、ワクワクするような車、可愛らしいノスタルジー、命の輝き…。

と、小説が一冊書けそうな素敵が溢れていることに気づきました。

 

カメラはこんなに軽くなったのに、持って帰れるものは大きくなった。

私は、EOS RPに感謝しています。

[ Category:etc. | 掲載日時:21年06月13日 18時00分 ]

RECOMMEND

PAGE TOP