StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Canon】R STYLE ~望遠ズームを少しだけ比べてみました~

【Canon】R STYLE ~望遠ズームを少しだけ比べてみました~

先日Canonから遂にEOS R3が発表されました。
電子シャッター最高約30コマ/秒に視線入力機能、動画では30分以上の連続記録に6K 60P RAWの搭載。
どれも、素晴らしい機能で今から発売日が待ち遠しくて仕方ありません。
しかし、EOS R3はレンズ交換式ミラーレスカメラです。
ボディだけでは撮影が出来なくレンズの存在が必須となります。

今回は、そのレンズの中から望遠ズームレンズ
・RF70-200mm F2.8L IS USM
・RF70-200mm F4L IS USM
・EF70-200mm F2.8L IS III USM(EF-EOS Rを使用しています)
以上の3点をEOS R5にそれぞれ装着して簡単に見比べてみました。

3本とも今回は望遠側で設定は同じにして同一条件下で撮影を行いました。
(上)RF70-200mm F2.8L IS USM
(左下)RF70-200mm F4L IS USM
(右下)EF70-200mm F2.8L IS III USM

まず、開放値でのボケは流石F2.8と言った感じで、
とろけるようなボケ感は背景が何なのか分からなくさせてくれています。
F4の方も多少は背景の輪郭は出ていますが十分にボケており、背景を完全に消したいと言った状況でなければ問題なく用意していただけるかと思います。

下の写真は解像力を比べています。

↑開放値での撮影
↓F8での撮影

開放ですとさほど差は出ませんが、F8に絞ると拡大した時に細かい描写力の差がRFレンズとEFレンズの間に差を感じてしまいます。
流石はRFレンズと言ったところです。

しかし、こちらも明確な差があると言う事ではなくどちらも高画質であることが見てわかります。
今回は私のウデの問題もあり明確な差を伝えることが出来ませんでしたが、
是非、望遠レンズの選択の参考にして頂ければ幸いです。

[ Category:Canon | 掲載日時:21年09月17日 19時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

指定商品にお買い替えなら買取見積額最大15%up! 欲しいを叶えるSALE

RECOMMEND

PAGE TOP