StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Carl Zeiss】 マクロで切り取る-5-

【Carl Zeiss】 マクロで切り取る-5-

普段目にしている世界とちょっと違った世界を楽しめるマクロレンズ。本ブログではスタッフおすすめのマクロレンズをご紹介していきます。本日ご紹介するレンズは、Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2です。

ここ最近、マニュアルレンズにハマっている筆者。今回はCarl Zeissのマニュアルレンズ「Milvus 50mm F2 M」 とNikon「Z9」を使って撮影してみました。Milvusはフォーカスリングを回す感覚がとてもスムーズでピント合わせが非常に気持ちのいいレンズです。大きさや重さは決して使いやすいとは言えませんが美しい写りと独特の使いやすさは癖になるレンズだと思います。

今回は喫茶店で撮影をしました。まずは作例をご覧ください。

友人のカメラを撮影させてもらいました。流石マクロレンズ。ぐっと近づいて、しっかりと細部を写し出してくれます。
一眼レフ用のマニュアルレンズではありますが、アダプターを介してのミラーレス機でも使いやすいレンズでした。
特に、ファインダーが綺麗なZとの相性は非常に良いと感じました。ピントの山も掴みやすく、なによりファインダーを覗きながら拡大が行えるのはレフ機にはない武器です。拡大やピーキングといった機能を使うことで、マニュアルフォーカスであっても簡単にピントを追い込むことができます。

喫茶店といえばモーニングということで、美味しそうなトーストを絞り開放で撮影してみました。
開放ということで被写界深度はかなり浅いですが、ピントが合っている部分は綺麗に解像しています。
こんがり焼けたトーストの表面の質感やカットされている部分の断面などもしっかりと写し出しています。流石ツァイスレンズだなと感じます。

ふと前に座っている友人に目をやるとゆで卵に塩を振っていました。明らかに振りすぎなのではという量を振っていました。

かけすぎましたと言わんばかりの笑顔でこちらを見ている友人。
なんとも言えない緩い雰囲気で時間がすぎてゆく。これも喫茶店の醍醐味でしょうか。

今回お邪魔したお店はレトロな雰囲気が漂う昔ながらの喫茶店といった感じのお店でした。こういったお店特有の少し曇った窓ガラスを使ってソフトな印象の写真を撮ってみました。窓ガラスの模様までしっかりと写し出してくれました。

いかがでしょうか。 今回はCarl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF2をご紹介いたしました。
次回もお楽しみに! バックナンバーはこちらから!

⇓ 使用機材はこちら⇓

 

 

[ Category:Carl Zeiss & Voigtlander Nikon | 掲載日時:23年08月24日 17時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP